Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『吉岡徳仁 ガラスの茶室―光庵』が国立新美術館で特別公開、2021年春まで

CINRA.NET

19/4/6(土) 20:15

吉岡徳仁による『吉岡徳仁 ガラスの茶室―光庵』が、4月17日から東京・六本木の国立新美術館で特別公開される。

1967年に佐賀で生まれたデザイナーの吉岡徳仁。デザインや建築、現代美術の領域で、人間の感覚を光、音、香りなどの非物質的な要素で表現した作品を発表しており、東京2020オリンピック聖火リレートーチのデザインも手掛けた。

『吉岡徳仁 ガラスの茶室―光庵』は、2011年に『第54回ヴェネチア・ビエンナーレ』でデザインが発表され、2015年に京都・将軍塚青龍殿で初披露された。2021年5月10日まで実施される特別公開では、ガラスの茶室を屋外に設置するほか、フランス・パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ『Water Block』を同時展示する。

アプリで読む