Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ヒックたちが幻の場所を目指しお引っ越し 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』ポスター&特報公開

リアルサウンド

19/7/24(水) 8:00

 12月20日公開の『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』より、特報映像とポスタービジュアルが公開された。

参考:『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』が浮き彫りにした“リメイクの難しさ” 他アニメ作品と共に考察

 本作は、『ボス・ベイビー』を手がけたドリームワークスが“人間とドラゴン”の新たな冒険を描く、世界54カ国ヒットを記録した『ヒックとドラゴン』シリーズ最新作。2010年8月に日本公開された『ヒックとドラゴン』で、共存する道をみつけた人間とドラゴンたち。あれから6年後、バイキングの長となり成長した“ヒック”とドラゴンの相棒“トゥース”たちが暮らすバーク島は、人間とドラゴンたちにとって楽園のはずが、急激な人口&ドラゴン増加で、遂に定員オーバーになる。ヒックとトゥースたちが新たな聖地を求めて旅立つアドベンチャーが幕を開ける。

 公開されたポスタービジュアルでは、相棒トゥースの背に乗ったヒックと、同じくドラゴンたちの背に乗ったガールフレンドのアスティをはじめとするバーク島の仲間たち、さらには本作で新たに登場する謎に包まれた白いドラゴン“ライト・フューリー”の姿が収められている。定員オーバーのバーク島から旅立つ、いきいきとしたキャラクターたちの表情に「会えば、きっと好きになる。」というコピーが添えられている。

 特報映像では、引越しを決意したバイキングの長“ヒック”と、ドラゴンの相棒“トゥース”たちが、人間とドラゴンが安心して過ごせる地図にない“幻の場所”を求めて、空や海を超えて旅立っていく様子が映し出されていく。若きリーダーへと成長し凛々しい表情を見せる主人公ヒックと、見た目とは裏腹に人懐っこくて愛くるしいトゥースたちの姿が切り取られている。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む