Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

SixTONES「うやむや」がファン以外からも評価される理由 “ボカロ的要素”を取り入れ、シーンの発展感じさせる1曲に

リアルサウンド

21/1/22(金) 12:00

 SixTONESの1stアルバム『1ST』が、初週46.7万枚を売り上げ、1月18日付けのオリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得した。ロック、ヒップホップ、R&Bなど、あらゆるジャンルの楽曲を取りそろえたこのアルバムの中で、特に注目を集めているのが、通常盤に収録された「うやむや」だ。アルバム発売の翌日1月7日にはMVも公開されたが、何も知らずに動画を見た人は、これがSixTONESの曲だと知れば驚くのではないだろうか。なぜなら「うやむや」は、全編アニメーションMVのいわば“ボカロ的”な楽曲だったからだ。

SixTONES – うやむや (Music Video) [YouTube Ver.] (from Album “1ST”)

 ダンスパフォーマンスで魅せるグループであるSixTONESが、この曲調で、しかも顔出しなしのアニメMVを採用したこと自体にまず驚かされる。

 事前に公開されていたアルバムのダイジェスト映像や、メンバーによる全曲解説動画のなかでも、この「うやむや」だけは音源もほとんど流れず、文字通り“うやむや”にされ、アルバムリリースまでその全貌が秘される“隠し玉”的な1曲として仕込まれていた。

SixTONES “1ST” digeST movie
SixTONES – “1ST”メンバーによる全曲解説 – Album introduction

 そして、「うやむや」がアルバムの発売とMVの公開でベールを脱ぐと、見事にリスナーの度肝を抜き、MVは公開から1週間足らずで420万再生を突破。動画のコメント欄やSNSには「SixTONESの曲と知って驚いた」「今までSixTONESに関心がなかったのにこの曲で興味を持った」という意見があふれた。

 SixTONESはじめジャニーズは音楽シーンの中で確固たる立ち位置を獲得している。だが、確立されすぎているがゆえに、時にファン以外からはその楽曲や活動に踏み込んでもらいにくいという側面もある。その壁を「うやむや」は乗り越え、一気に一般層にリーチすることに成功したのだ。

 そもそも、いわゆる“ボカロ曲っぽさ”を感じさせる音楽にはいくつかの要素がある。例えば打ち込みのサウンド、BPMの高さ、(もともと人間ではなくボーカロイドが歌うものとして生まれた音楽であるために)息継ぎの間もないほど詰め込まれた歌詞、語感の良さを優先した言葉選びや、言葉遊びの多用などだ。「うやむや」の歌詞で言うと、〈うだうだくちゃくちゃ物申そう/トラウマだらけで針千本〉などがそう感じさせるのではないだろうか。

 SixTONESらしさを生かしながら、これらの“ボカロ的要素”をうまく取り入れた曲作りをしたことが、今回支持された一因と言えるだろう。

 また、単純に楽曲そのもののクオリティが高いというだけではなく、男性6人のボーカルで歌っているという点もこの曲の聴きどころになっている。「うやむや」でタイプの違う6人の声音が次々と移り変わりながら歌いあげる音色の鮮やかさには、いわゆる“ボカロ曲”に耳なじみのある層からしても目新しさがあったのではないだろうか。

 昨年2020年は、YOASOBIの「夜に駆ける」のヒットをはじめ、ずっと真夜中でいいのに。やヨルシカ、yamaなど、ボーカロイドの文脈の中から生まれたクリエイターの音楽が世間一般にも広く浸透した年だった

 だが、今回「うやむや」という曲が登場したことにより、そうしたサウンドがシーンに広がり、さらに進化していると思い知らされることとなった。『1ST』というアルバムがあらゆるジャンルに挑戦しているように、今後ジャンルの垣根はどんどん壊され、そのたびに新しい化学反応が生まれていくことだろう。「うやむや」は音楽シーンの新たな発展と、その中でのSixTONESの活躍を期待させる1曲となった。

■満島エリオ
ライター。 音楽を中心に漫画、アニメ、小説等のエンタメ系記事を執筆。rockinon.comなどに寄稿。満島エリオ Twitter(@erio0129

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む