Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

橘ケンチ、『IWC』日本酒部門審査会に参加の様子 (c)PHOTOGRAPH/KEISUKE IRIE

橘ケンチ、ロンドンにて『IWC』日本酒部門審査会に参加!

ぴあ

19/4/9(火) 18:00

橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)が、イギリスのロンドンで行われている世界最大級のワイン品評会『INTERNATIONAL WINE CHALLENGE(インターナショナル・ワイン・チャンレンジ/以下IWC)』の日本酒部門の審査会に、4月5日(土)~7日(日)の3日間(現地時間)に渡り参加。改めて世界における日本酒の魅力を体感した、橘のコメントも公開された。

2019年で36年目を迎えた『IWC』は、例年15,000銘柄にも上るワインがエントリーされ、世界40カ国から500名超もの審査員が集まる世界最大クラスのワインコンテストとなっている。2007年に開設された日本酒部門も、世界14カ国59名の審査員が集結。9つのカテゴリー別に1組4~5名ごとのグループに分かれて、1日平均100~150銘柄を担当、4月5日(土)~8日(月)の4日間に及ぶ厳正なジャッジを行った。

「日本酒が国籍や文化を超えて人と人をつなげる可能性を備えている芸術作品だと再認識することができました」とメッセージを寄せた橘は、4日間の会期が用意された日本酒部門の審査会において3日間に渡ってアソシエイトジャッジとして参加したのだが、SAKE審査準備のためにワイン及び現在では日本酒についても講座を展開する教育機関WSET(WINE&SPRITS EDUCATION TRUST)LEVEL3英語クラスの受講を彼自身も修了した上でロンドンを訪れていた。

また、橘も昨年叙任された“酒サムライ”活動を主宰している日本酒造青年協議会が、『IWC』の日本国内パートナーとしてサポートを行っており、海外在住のキーマンで構成されている審査員の中で、今年も歴代の酒サムライから多くの叙任者が参加していた。昨年の酒サムライ叙任式を訪れていた『IWC』の運営ディレクターであるクリス・アッシュトンが、そこで橘の日本酒活動を知ったことも今回の渡英の一端となった。

今回新たに審査員として加わったのは、東京農業大学醸造学科酒類学研究室の数岡孝幸准教授、阿部誠日本ソムリエ協会常務理事、今年のWSET SAKE LEVEL3講座で世界一の成績を修めて資格を取得したゾイサイト・ビンダルー、そして橘の4名。すべての審査を英語で行う中、アソシエイトジャッジとして日本酒への愛情を持って海外振興に貢献しようと取り組む橘の姿が、『IWC』の日本酒審査会に一層の熱を加えていた。

海外生産を含む432社から1500銘柄がエントリーされた2019年の日本酒部門だが、最も優れた1銘柄に与えられるチャンピオンの称号は、果たしていずれの手に渡るのか? 本年度の発表は、ロンドン時間7月9日(火)22:00頃(日本時間7月10日(水)未明)となっている。

あわせて、公開された橘のコメントは下記。

■橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)

歴史ある『IWC』の活動は以前から認識がありましたが、昨年酒サムライの称号を日本酒造青年協議会から叙任していただいたことがきっかけとなり、今回の審査会に参加させていただきました。世界各国の日本酒普及の第一人者の方々が集まり、妥協することなくディスカッションを重ねて、全員で日本酒の高みを目指していくモチベーションに大変感銘を受けました。国籍や文化を超えて日本酒を愛する心でつながっているチームの雰囲気は大変心地が良く、改めて日本酒が人と人をつなげる可能性を備えている芸術作品だと再認識することができました。ロンドンでの日本酒の認知度、必要性はどんどん上がっているようです。これから世界各国を訪れる際には、日本酒の魅力を伝えていく存在としての意識をより強く持っていきたいと感じました。伝えて、共感し、感動が生まれるように、そして、日本という国の魅力を引き続き体現していきたいと思います。

アプリで読む