Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

前田旺志郎は“普通の青年”をフラットに演じる逸材だ ドラマ『猫』にみる“若さと確かさ”

リアルサウンド

20/12/11(金) 10:00

 あいみょん作詞作曲&DISH//が歌う「猫」を原案にした小西桜子・前田旺志郎のW主演ドラマ『猫』が、静かに、瑞々しく、しみじみ良い。

 これは、脳に腫瘍があり、医師から余命宣告を受けて自らの死と向き合う女性・金子みねこと、やりたいことや夢もなく、その日暮らしの生活を送るフリーター・天音光司が、一匹の猫をきっかけに出会い、交際を通じて「いつもと同じ帰り道」を二人の視点から描く物語。

 二人の毎日は、いつ命が尽きるかわからない不安を抱えつつ、仕事に行くみねこを光司がバス停まで送り、無事帰ってくる姿を光司がバス停で迎えるという繰り返しで綴られていく。

 お互いの過去の恋バナをしてみたり、みねこに「ミュージシャンと付き合ってみたかった」と言われたらひそかにギターを練習したり、「同じモノを見てる人とは合う」という会話の流れから「いま何を見てたか同時に言ってみる」ゲームをしたり。急に倒れて一時入院したみねこの退院の日、病院から数歩出たばかりの場所で、光司が手作りケーキを食べさせたり、指輪をあげたり。また、入院していたみねこと、家で一人過ごした光司と、「どっちが寂しかったか勝負」をするつもりが、安堵から光司がマジ泣きしてしまったり。

 大部分が二人芝居で成り立っていた本作の、「有限の二人」のささやかな日々は、どれもこれも愛おしく、切なかったのだ。しかし、12月4日に放送された第4話では、突然に光司の死が知らされた。

 脳に腫瘍を抱え、不安を抱えつつも明るく生きるみねこを魅力的に演じている小西桜子は、映画『初恋』(2019年)で3000人の中からオーディションで選ばれた生粋の「ヒロイン」だ。

 しかし、キラキラの輝きと危うさを放つ小西桜子とは対照的に、抜群の安定感を見せているのが、前田旺志郎である。

 若者特有のちょっと面倒くさそうな感じと、恋する喜びや気恥ずかしさ、喪失への恐れ、日々の何気ないやりとりを大切に受け止める包容力と。そうした様々な日常の感情を丁寧にフラットに表現している。

 彼の純朴な雰囲気が、作品を甘く切なく、どこか懐かしい物語にしている部分もある気がする。例えるなら、マレーシアのヤスミン・アフマド監督が描く『細い目』や『タレンタイム〜優しい歌』のような空気があるのだ。

 それにしても、前田旺志郎がこんなに良い役者になっていくとは。驚いたのは、例えば、綾野剛×星野源W主演の『MIU404』(TBS系)の第3話「分岐点」だった。

 先輩たちの不祥事が原因で廃部となった元陸上部の部員たちが、やり場のない怒りを持て余し、イタズラで虚偽の通報を繰り返していた。そんな中、第4機動捜査隊によってチームは壊滅。成川(鈴鹿央士)と勝俣(前田旺志郎)が二手に分かれて逃げる中、伊吹(綾野剛)が追った勝俣は罪を認めて更生を誓ったのに対し、九重(岡田健史)が追った成川はそのまま逃走。行き場を失い、久住(菅田将暉)と出会い、犯罪に手を染めていく対比が描かれた。

 ギリギリのところで引き返すことのできた勝俣の後悔と安堵とで溢れ出す涙に、心打たれた視聴者は多かったことだろう。

 また、山田杏奈×玉城ティナ主演の『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(MBS/TBS)では、潔癖かつ堅物なメガネ女子の文芸部部長・曾根崎り香(横田真悠)と交際するクラスメイト・広瀬を演じていた。

 実はメガネを外し、髪をおろすとモデル似の曾根崎の容姿を褒めたことから、ガチガチの彼女の価値観を揺るがし、交際に発展。恋する気持ちに浮かれつつも、周囲には公表してもらえず、悶々とする思春期男子ぶりは、どこのクラスにも一人はいそうな身近さを感じさせた。

 これら3本の連ドラを振り返ってみて感じるのは、彼がいま、他にライバルのいない位置に来ているのではないかということである。

 学生役といえば、少し前までの窪田正孝や菅田将暉、さらに現在まで続く本郷奏多、泉澤祐希、矢本悠馬など、腰が細い・あるいは小柄で達者な大人の役者が演じるか、そうでなければ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)出演者たちなど、売り出し中の旬のイケメン俳優たちが演じることが多かった。

 しかし、前田旺志郎はリアルに若くて確かな芝居ができて、「旬のイケメン俳優」たちとは一線を画した、そのまんま「ごく普通の青年」を演じられる。

 実はこの手の安定感ある「純朴かつ普通の青年」が演じられる若手俳優というのは、意外と少ない気がするのだ。少し前から、ベテランで巧すぎることために『アンナチュラル』(TBS系)、『コウノドリ』(TBS系)をはじめ、良作の単発ゲストとして悲しみを背負う役が多かったり、『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系)で小学生を演じたり、戦争モノなどに多数出演したりと、一人であらゆる重責を背負わされ続けてきた泉澤祐希に続く若手の役者がいないかを、勝手に心配してきた。

 「普通の青年(学生)の普通の日常をフラットに演じられる役者」を心の中でずっと探していた。その答えが、意外にも突然現れた。前田旺志郎だ。昔から知っていたはずなのに、役者仕事もこれまでたくさんこなしていて、たくさんの作品で見ていたはずなのに。その可能性には全く気付いていなかった。

 おそらく今後、長きにわたって「普通の青年」「普通の学生役」を引き受けていくことになりそうな予感がする前田旺志郎。彼の活躍がもっともっと見たい。

■田幸和歌子
出版社、広告制作会社を経てフリーランスのライターに。主な著書に『KinKiKids おわりなき道』『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』(ともにアールズ出版)、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)などがある。

■放送情報
ドラマ25『猫』
テレビ東京、テレビ大阪ほかにて、毎週金曜深夜0:52~1:23放送
「ひかりTV」「Paravi」にて、毎放送1週間前から先行配信
出演:小西桜子、前田旺志郎
脚本:金井純一
監督:金井純一、松本花奈
音楽:D flat
主題歌:DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
プロデューサー:漆間宏一(テレビ東京)、加藤伸崇(SDP)、坪ノ内俊也(R・I・S Enterprise)
制作:テレビ東京、S・D・P
制作協力:R・I・S Enterprise
(c)「猫」製作委員会
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/cat/
公式Twitter:https://twitter.com/tx_neko

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む