Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「美人が婚活してみたら」試写会に参加した大九明子(左)とじろう(右)。

「美人が婚活してみたら」大九明子がシソンヌじろうに「カッコよく見えてくる」

ナタリー

19/3/11(月) 22:41

「美人が婚活してみたら」の試写会が本日3月11日に東京都内で行われ、監督を務めた大九明子と脚本を手がけたじろう(シソンヌ)が上映後のトークショーに出席した。

とあるアラ子による同名マンガを実写化した本作では、不毛な恋愛に疲れた容姿端麗なアラサー女子・タカコが婚活に一念発起するさまが描かれる。タカコ役の黒川芽以のほか、臼田あさ美、中村倫也、田中圭らが出演した。

大九は「執拗にタカコという人を追いかけたいと思って作っていました。それぞれの登場人物を客観的に見られてないと思います」とコメント。じろうは「お客さんがどういう場面で笑ってくれたのか気になりますね。もしかしたら一笑いもなかったかも……そんなことなかったですか?」と客席に問いかける。しかし反応はなく、心配になったじろうが「大丈夫ですか? 皆さんマネキンですか?」と慌てると、客席から笑いが起きた。

中村演じる高学歴の非モテ系商社マン・園木に似ていると大九に言われたじろうは「モテなくて気持ち悪い、変なクセのあるやつっていうポイントではそうですね。ビジュアルは全然違いますけど」と恐縮。大九は「そんなことないですよ。この映画でご一緒するたびに、じろうさんがカッコよく見えてくるんです。もともとはコントで日本一になったすごい人だとわかってて会っているからドキドキしていたんですけど、最近はよく見るとカッコいいなと思うようになってきました」と明かす。じろうは照れたように「全然カッコよくないですよ、だって僕今日脇に穴空いてるんですもん! 最低ですよ!」と、腕を上げて着ている服の脇部分を見せる。大九が「でも柔軟剤でとってもいい匂いがするんです」と重ねると、じろうは「なんなんですか、(観客が)おじさんとおばさんのイチャイチャ見せられて!」と苦笑した。

「美人が婚活してみたら」は3月23日より東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国でロードショー。

(c)2018吉本興業

アプリで読む