Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ホルモンからセカオワ、金爆らに伝染! バンド界にラジオ体操ムーブメント発生中か?

リアルサウンド

14/3/31(月) 17:00

20140331-horumon-01-thumb.jpgライブ前にラジオ体操を行うマキシマム ザ ホルモン。この日はラジオ体操の第一人者である長野信一先生がサプライズ登場した。

 3月28日のZepp東京。昨年9月から日本全国を熱狂させてきたマキシマム ザ ホルモン「予襲復讐ツアー」も残すところ4月5日の沖縄公演だけ、つまりこの日がセミファイナル。開場前のZeppの外は、今か今かと開場を待つ人々、物販の長蛇の列に並ぶ人々、場外に用意された予襲復讐ババアの顔ハメパネルで記念撮影をする人々などで騒然としていた。一方、開場直前のガランとしたZeppのフロアには、その日の出演バンド、ホルモン、ゴールデンボンバー、G-FREAK FACTORYの3バンドとツアースタッフが全員集合していた。その中心で「みなさん、大人の本気を見せてくださいっ!」と号令をかけるナヲ。「おぉ、本番前の気合い入れか。ホルモンも意外にベタなところがあるんだな」と思っていたところ、突然会場に流れ出す聞き覚えのあるピアノのメロディ。こ、これは、ラジオ体操のイントロじゃないか。えっ……ラジオ体操?

20140331-horumon-02-thumb.jpg

 実はこれ、ライブ直前にラジオ体操をすることで身体がほぐれてコンディションが万全になることを知ったホルモンのメンバーたちが、今回の「予襲復讐ツアー」全公演で対バン相手も誘って実践している恒例の一幕だったのだ。ホルモンとの対バンを終えた後、ラジオ体操をしないとライブができない身体になってしまったと語るバンドマンが続出しているという噂もチラホラ。ちなみに、自分も一緒になって数十年ぶりにラジオ体操やってみたのだが、これがメチャクチャ気持ちいい! 首の張りも肩のこりも、下手なマッサージに行くのよりも何倍もスッと楽になって、ラジオ体操の効用に開眼したホルモンのメンバーたちの気持ちを一瞬で体感することとなった。

20140331-horumon-03-thumb.jpg

 ラジオ体操には100年近くの歴史があって、世界で初めてラジオ体操が放送されたのは1922年、ボストンのラジオ局でのこと。我々が知っている今のラジオ体操のベースとなったのは、1925年にアメリカのメトロポリタン生命保険会社が健康増進・衛生思想の啓蒙を図る目的で考案したラジオ体操番組「Setting Up Exercise」(曲のタイトルみたいでカッコいい! というかラジオ体操って「洋楽」だったのか!)。それを逓信省簡易保険局が1928年に「国民保健体操」として制定し、日本中央放送局(現NHK)がラジオで放送するようになって日本全国に広く普及していったというわけ。その頃から今のかたちのラジオ体操第一と第二の内容&構成は変わってないというから、スポーツ医学の進歩などとは別の次元で「教典」であり続けてきた、その完成度と耐久性には驚くしかない。

20140331-horumon-04-thumb.jpg

 去年からの「予襲復讐ツアー」で、SEKAI NO OWARI、MAN WITH A MISSION、DRAGON ASH、10‐FEET、BRAHMANらと本番前におこなってきた「ラジオ体操の時間」。セミファイナルのこの日は、ホルモンのメンバーにも内緒で、なんとスタッフがラジオ体操の第一人者である長野信一先生(ラジオと同じ、あの声のご本人!)と元NHKアシスタントの小野梨沙さんを特別講師として招聘。ステージに上がってみんなの前でいざ体操を始めようとしていたナヲも、いきなりのご本人たちの登場に唖然。フロアにいる各バンドのメンバーからは、アシスタント小野さんの優雅な一挙一動に大きな歓声が上がり、特にダイスケはんとゴールデンボンバー樽美酒研二はみっともないほど大興奮! 開場直前までラジオ体操第一、ラジオ体操第二、各フルコーラスに加えて念入りな特別講習が繰り広げられた。今回のツアーで、ホルモンも対バンのバンドたちも、ステージ上ではいつになくすさまじいパフォーマンスを見せつけてくれたが、そこには「本番前のラジオ体操」というホルモン直伝の奥義の存在があったのだ。

■宇野維正
音楽・映画ジャーナリスト。音楽誌、映画誌、サッカー誌などの編集を経て独立。現在、「MUSICA」「クイック・ジャパン」「装苑」「GLOW」「BRUTUS」「ワールドサッカーダイジェスト」「ナタリー」など、各種メディアで執筆中。Twitter

(写真=浜野カズシ、たもりみすず)

アプリで読む