Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

踊る「熊谷拓明」カンパニー ダンス劇『舐める、床。』舞台写真と初日コメントが到着

ぴあ

20/12/10(木) 21:00

ダンス劇『舐める、床。』より 撮影:大洞博靖

シルク・ドゥ・ソレイユ『believe』に2008年~2011年まで出演、独創的な即興のソロパートで米・ラスベガスで850ステージに立ったという経歴の持ち主で、“ダンス劇作家”として活躍する熊谷拓明率いる「踊る『熊谷拓明』カンパニー」の新作ダンス公演が本日12月10日(木)、東京・あうるすぽっとにて開幕した。

他人の意見と感情に必要以上に耳を澄ませて、自分の心を思いやる余裕がなくなった人たちの心が生んだガラスの部屋という設定で、オーディションで選ばれた松田尚子、原田茶飯事、岡本優、東出宜子、原佑介、稲葉由佳利、福島玖宇也、そして熊谷が出演する本公演より、舞台写真と熊谷拓明のコメントが到着した。

■熊谷拓明コメント

2020年の新作を発表させて頂くことは、1年半以上前に決まっておりました。
当時思い描いていた景色と、心境とは全く別物の現在を、冷静に楽しんでいる自分がいます。
常に現在の自分を作品で吐き出してきましたが、今回ほど自分が吐き出した作品に救われた事はない気がします。
私は自分の作品が誰かの為になる。
なんて考えてはいけないと思って来ましたし、今日もその気持ちは変わりません。
しかし、劇場でみなさまのお顔を見ると、その一時だけもしかしたら何かの為になっているのでは…...
という、図々しい錯覚に陥るのです。
それもまた、自身の為なのでしょうか…...

ひとつ確実に言えることは、私は本日から劇場にいらしてくださる方々、活動を見守って下さる方々に生かされているのだと言う事です。

何もみなさまにお返しが出来ない私が、信頼するキャスト、スタッフと共に、ただ今を生きる。そんな作品となりました。

劇場でお待ちしております。



公演は13日(日)まで。12日(土)13:30公演は、コンドルズの近藤良平と熊谷拓明によるポストトークも予定している。



踊る「熊谷拓明」カンパニー ダンス劇『舐める、床。』
作・演出・振付:熊谷拓明
美術:上領大祐
照明:山口明子[Theatre Kanpany]
音楽・音響:余田崇徳
出演:松田尚子 / 原田茶飯事 / 岡本優 / 東出宜子 / 原佑介 / 稲葉由佳利 / 福島玖宇也 / 熊谷拓明

2020年12月10日(木)~12月13日(日)
会場:東京・あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

■ポストトーク開催!
12月12日(土)13:30の回終演後、近藤良平×熊谷拓明によるポストトーク開催(開催回のチケットをお持ちの方が参加可能)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む