Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

井上祐貴×萩原利久×木下彩音「Bittersand」予告公開、2つの年代写すカットも到着

ナタリー

井上祐貴演じる暁人。

「ウルトラマンタイガ」で知られる井上祐貴の出演作「Bittersand」の予告編がYouTubeで公開された。

高校時代、何者かが黒板に描いたクラスの男女の相関図によって日常が暗転した暁人と絵莉子の姿を描く本作。7年後、2人は悪友・井葉の力を借りて“消したい記憶”を塗り替えようと動く。暁人を井上、井葉を萩原利久が演じ、絵莉子には木下彩音が扮した。

予告には25歳になった暁人が絵莉子と偶然再会するさまや、高校時代の暁人たちの様子を収録。「同窓会で真実を暴け」という文字も映し出される。

またこのたび、高校時代と25歳の暁人たちを捉えたカットが到着。井上は声のトーンを変えて年代を演じ分けたと述べ、「親友の井葉とのシーンでは、学生の頃の仲の良さと社会人になってからの仲の良さを比べたとき、社会人の方はより一緒にいることに慣れてるふうに見えるようにと思って演じました」とも語る。

「いい意味で、井葉はあまり変えないことを意識しました」とコメントしたのは萩原。「見た目はかなり変化しているのに、中身はそこまで大きく成長してない。というのが井葉らしいのかなと思いました。変わりすぎないことで学生時代から引きずり続けている暁人に寄り添えるような気がしました」と役作りを明かした。

木下は「高校生と25歳とでは物事の考え方などが大きく変わるときだと思います。まだ私は撮影時19歳でどちらの歳にも近かったので、演じやすかった感じがします」、「高校生は自由に自分ペースで生きているように演じ、一方25歳はそのギャップを見せるために大人な女性の落ち着いた感じをイメージして演じました」と述懐している。

「Bittersand」は6月25日より東京のシネ・リーブル池袋、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開。監督・脚本は「ステップ」「虹色デイズ」の助監督である杉岡知哉が担った。出演には小野花梨、溝口奈菜、遠藤史也、搗宮姫奈も名を連ねる。

(c)「Bittersand」製作委員会

アプリで読む