Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

miwa、劇場アニメ『神在月のこども』主題歌を担当 「デビュー10周年で新たなことにトライ」

ぴあ

20/7/7(火) 15:20

miwa

今年デビュー10周年を迎えたシンガーソングライターmiwaが、2021年に公開されるアニメ映画『神在月(かみありつき)のこども』の主題歌を書き下ろすことが発表された。

同映画は、“島国の根“と書く神話の地「島根・出雲」を目指して駆ける少女の成長を描く劇場オリジナルアニメ。昨年7月にフランスのパリで開催された欧米最大のジャパンカルチャーイベント、ジャパンエキスポでのカンファレンスでも反響を呼んだ。

そのときに同会場のフリースペースでギター1本の弾き語りライブを敢行していたのがmiwa。代表曲「ヒカリヘ」を偶然聴いた原作者やプロデューサーが感動し、主題歌を本人にオファーするという経緯があったのだという。

映画『神在月のこども』は2021年の公開を目指して制作中だが、miwaは絵コンテの状態から音楽制作に着手し、アニメチームもmiwaのデモに合わせて描写するなど、クリエイティブなやり取りを続けている。

今回の発表に合わせたmiwaのコメントは、以下の通り。

■miwa コメント

昨年パリのJapan Expoに初めて参加した時にライブを見ていただく機会があり、そこで主題歌をぜひ!という夢のようなお話をいただきました。日本の情緒や魅力がたっぷり詰まった映画ということで、私もデビュー10周年を迎え新たなことにトライするつもりでこの話を引き受けさせていただきました。

まだ出来立ての脚本やカンナのキャラクターの線画を拝見させていただき、カンナの気持ちになって曲を書こうと思いデモ制作に入りました。映画の制作と並行して曲作りをしたので、映画の雰囲気やアニメーションに合うように曲作りしていきました。また曲を聞いていただきその曲に合わせてアニメーションを制作していただいたりと、曲と映画が凄くマッチした作品になるんじゃないかなという風にワクワクしています。

今、特にコロナの影響があり世界中で大きなイベントが中止になってしまったり、私たち音楽をやっている人にとってもライブができない状況があったりと、何かと逆風に立たされていますが、日本の魅力を世界中の人に知っていただくことができるアニメーションという映画を通して世界中のファンと繋がることができるんじゃないかと思いますし、この作品に携われることをとても光栄に思っています。皆さんと一緒にこの音楽そして映画を作っていきたいと思います。ぜひ楽しみにしていてください!

映画『神在月のこども』
2021年公開

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む