Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「アジアンドキュメンタリーズ」ビジュアル

アジアに特化したドキュメンタリー配信サービスが本日スタート、月額見放題も

ナタリー

18/8/1(水) 16:23

アジアに特化したドキュメンタリー映画の配信サービス「アジアンドキュメンタリーズ」が、本日8月1日よりスタートした。

「アジアを知る・学ぶ・考える“大人の教科書”」をコンセプトに、アジアの相互理解を深めるドキュメンタリーを厳選して年間約80タイトルを配信する同サービス。過去作も含め、毎月テーマごとに複数の映画を特集として紹介していく。月額見放題が972円、単品視聴が486円となる。

8月はジャーナリスト綿井健陽による「Little Birds/イラク・戦火の家族たち」を含む特集「イラク戦争 その後」、四ノ宮浩の監督作で構成された特集「スモーキーマウンテンの子どもたち」、「聖者たちの食卓」などインドに焦点を当てた特集「旅するインド」、ファティ・アキンが監督を務めた「トラブゾン狂騒曲~小さな村の大きなゴミ騒動~」が含まれた特集「環境と政治」、日本人が“木の家”に住むことに着目した特集「ニッポンの木造建築」を配信。

「アジアンドキュメンタリーズ」では、特集テーマを深掘りするオリジナルの解説番組「FOCUS ASIA」「ドキュメンタリストたちの証言」も無料で視聴可能だ。また9月1日からは、学生部門と一般部門からなるドキュメンタリー映画感想文コンクールの募集が開始となる。

「アジアンドキュメンタリーズ」8月配信作品 一覧

特集「イラク戦争 その後」

「Little Birds/イラク・戦火の家族たち」
「ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして」
「イラク チグリスに浮かぶ平和」

特集「スモーキーマウンテンの子どもたち」

「忘れられた子供たち スカベンジャー」
「神の子たち」
「BASURA バスーラ」

特集「旅するインド」

「呼ばれて行く国インド」
「聖者たちの食卓」
「ラマ教の高地にて~インド・ラダックの旅~」

特集「環境と政治」

「南の島の大統領 -沈みゆくモルディブ-」
「トラブゾン狂騒曲~小さな村の大きなゴミ騒動~」

特集「ニッポンの木造建築」

「鬼に訊け 宮大工西岡常一の遺言」
「まちや紳士録」
「モバイルハウスのつくりかた」

アプリで読む