Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

山口一郎(Vo, G / サカナクション)(撮影:上山陽介)

サカナクション、ユニゾン、ホルモン、sumikaらが山中湖畔彩った「ラブシャ」2日目

ナタリー

18/9/2(日) 13:37

スペースシャワーTVが主催する野外ライブイベント「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」が、8月31日から本日9月2日にかけて山梨・山中湖交流プラザ きららで開催中。この記事では2日目のライブの模様をレポートする。

Mt.FUJI STAGEの1番手を務めたgo!go!vanillasは「SUMMER BREEZE」「おはようカルチャー」などさわやかなナンバーで来場者たちを歓迎。牧達弥(Vo, G)の「『SWEET LOVE SHOWER』の朝は俺たちに任せろー!」という心強い宣言のもと、柳沢進太郎(G)によって「山中湖」コールが行われたり、ハイテンションになったジェットセイヤ(Dr)が素手でドラムを叩いたりと活力あふれるステージングが繰り広げられた。

LAKESIDE STAGEのトップバッターを飾ったUNISON SQUARE GARDENは、貫禄あふれる佇まいで「君の瞳に恋してない」「ライドオンタイム」などを次々と披露。斎藤宏介(Vo, G)が会場いっぱいに歌声を響きわたらせる中、その隣で田淵智也(B)は縦横無尽にステージを駆け抜けるアグレッシブなアクションを見せ、観客たちのテンションをどんどんと高めていった。

Mt.FUJI STAGE2組目のORANGE RANGEは「上海ハニー」「以心電信」といった往年のヒット曲に「Ryukyu Wind」などの新曲を組み合わせたセットリストでライブを展開。YAMATO(Vo)、HIROKI(Vo)、RYO(Vo)の3人が織りなすボーカルに合わせ、オーディエンスが終始シンガロングするという一体感抜群なパフォーマンスとなった。

真昼のLAKESIDE STAGEに立ったのは、今回が「ラブシャ」5度目の出演となったフレデリック。彼らはメロディアスなギターフレーズが心地よい「飄々とエモーション」「シンセンス」でフロア内の人たちの注目を集めていく。三原健司(Vo, G)の「俺たちだけの遊び場、作ろうぜ!」という呼びかけに応えるように、観客たちは体を揺らしてフレデリックの演奏を楽しんでいた。

フードコートに大勢の人々が集まる横で、フレンズはFOREST STAGEにてライブをスタート。ポップなサウンドに乗せて振り付けをレクチャーした「塩と砂糖」、フレンズ流サマーソング「常夏ヴァカンス」で会場を朗らかなムードに包み込んだ。またMCではひろせひろせ(MC, Key)が自身の黄色一色の服装について「オートバックスの店員ではございません!」と語ったり、ステージの向かいでボルダリングに挑戦する人に声をかけたりして、観客たちの笑いを誘っていた。

LAKESIDE STAGEの3番手を担当したNICO Touches the Wallsは「THE BUNGY」「VIBRIO VULNIFICUS」など、ストレートかつ力強いロックナンバーでオーディエンスを圧倒。合間には光村龍哉(Vo, G)が「踊り狂えー!!」と絶え間なくアジテーションを行い、白熱の舞台を作り上げた。一方FOREST STAGEに登場したOKAMOTO'Sは、渋さあふれる「BROTHER」「NEKO」で心地よい空間を演出。「90'S TOKYO BOYS」ではオカモトコウキ(G)とハマ・オカモト(B)による熱いセッションが行われ、確かな実力を見せつけた。

大勢の腹ペコ諸君(マキシマム ザ ホルモンのファンの呼称)に囲まれ、LAKESIDE STAGEに現れたマキシマム ザ ホルモンは重厚なサウンドの楽曲群を次々とプレイ。「What's up, people?!」では客席がヘッドバンギングを行う人たちで埋め尽くされたほか、「恋のスペルマ」終盤には巨大なモッシュサークルが形成された。

徐々に日が暮れていく夕方、Mt.FUJI STAGEを舞台にしたsumikaはきらびやかなギターとキーボードのサウンドが絡み合う「フィクション」で演奏を開始。「まだ自分たちのツアーでも披露していない新曲」と紹介された「ファンファーレ」では片岡健太(Vo, G)の透き通った声が会場に響きわたり、すがすがしいムードが作り出された。

Mt.FUJI STAGEのトリを担当したのはTHE BAWDIES。彼らが「NO WAY」「EMOTION POTION」といったパワフルなロックンロールナンバーを休みなく届けると、観客たちの歓声もどんどんと大きくなっていった。MCに入ると、ROY(Vo, G)は10年連続で「ラブシャ」に出演したことを話題にし、「11年目もよろしくね! 帰ってきますよ!」と翌年出演の意気込みを力強く語っていた。

2日目の「ラブシャ」大トリを務めたサカナクションは「サンプル」でライブをスタートさせ、浮遊感あるサウンドで夜の山中湖を幻想的に彩った。彼らは独自の世界観でオーディエンスを一気に引き込んだあと、「アイデンティティ」「夜の踊り子」といった代表曲を次々とプレイ。するとレーザーをはじめとする照明演出が追加され、ステージはダンスフロアさながらのきらびやかさとなった。観客たちが一斉に踊った「新宝島」ののち、最後の楽曲となった「陽炎」では山口一郎(Vo, G)がギターを置き、軽やかなダンスを交えて歌唱。そして演奏終了と共に多数の花火が打ち上げられ、2日目の「ラブシャ」は盛大に幕を下ろした。

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」の模様は9月29日(土)、10月6日(土)、10月13日(土)の3日間にわたり、スペースシャワーTVで合計9時間放送される。

スペースシャワーTV「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018 Day1 / Day2 / Day3」

2018年9月29日(土)21:00~24:00
2018年10月6日(土)21:00~24:00
2018年10月13日(土)21:00~24:00

アプリで読む