Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』がぴあ満足度ランキング第1位

ぴあ

19/5/13(月) 18:00

「ぴあ」調査による2019年5月10日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、人気アニメのその後の物語を描いた『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』が第1位になった。

本作は、2016年に放送された『甲鉄城のカバネリ』のその後のストーリーを描いた完全新作。突然現れた不死の怪物“カバネ”に支配された世界で抗う少年・生駒と少女・無名の戦いや、彼らの成長と葛藤が描かれる。アニメシリーズに続いて荒木哲郎が監督と脚本を手がけている。

劇場には「テレビシリーズからどう展開していくのか期待して観にきた」と話す作品ファンが多く詰めかけており、「カメラワークや演出がすごい! 荒木監督はすごいなと改めて思った」「音楽に迫力があって、アクションシーンがこれまでより熱くパワーアップしていた」「TVアニメよりさらに躍動感があってキャラの動きがカッコイイ!」「戦闘シーンが爽快だった。音と映像がばっちり合っていて、キャラの表情もすごくよかった」「ストーリーや感情に合わせてキャラを細かく変化させていてこだわりを感じた」など絶賛コメントが相次いだ。

注目は水谷豊の監督第2作目『轢き逃げ -最高の最悪な日-』。本作は、ある轢き逃げ事件をきっかけに、突然、被害者と加害者になった人々とその家族、関係者の心情をあぶり出していく人間ドラマ。水谷は脚本も手がけており、被害者の父親役で出演もしている。

観客からは「難しいテーマだが、加害者と被害者とその家族のひと言では語れない複雑な関係が良く描かれていた」「サスペンスでありながら、家族ものとしても面白い。心に重くのしかかってくるような感じがあった」「それぞれの人間関係が色濃く描かれていて、非常に重たい作品だった」などの声が上がり、「予想を裏切るような展開が多く、まったく先が読めなかった。ドラマとして完成度が高い」「淡々と進むのかと思ったが意外な展開があって引き込まれた」「まさかという感じで、展開が予想外だった」など脚本について語る声も多かった。

(本ランキングは、5/10(金)に公開された新作映画10本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

アプリで読む