Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ドラマ「プロジェクト・ブルーブック」ビジュアル

米軍が極秘調査した超自然現象を映像化、ロバート・ゼメキス参加のドラマ放送

ナタリー

19/4/10(水) 12:00

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメキスが製作総指揮を担当したドラマ「プロジェクト・ブルーブック」が、7月に日本で放送・配信される。

“プロジェクト・ブルーブック”とは、1952年から1969年にかけて、アメリカ空軍と政府がUFO目撃証言や謎の事件について秘密裏にまとめた調査報告書のコードネーム。調査報告書の存在は長い間ひそかに語り継がれていたが、2015年に情報が開示された。

このドラマシリーズ「プロジェクト・ブルーブック」は、秘密文書に書かれた実際の証言や、政府が国民に隠蔽していた数々の事柄をドラマ化したもの。実在の人物J・アレン・ハイネック博士が空軍大尉のミカエル・クインにスカウトされ、プロジェクト・ブルーブックの調査に加わるところから物語がスタートする。劇中では2人がコンビを組み、各地で起こる超自然現象や目撃談を調査し真相究明に挑んでいく。「ボヘミアン・ラプソディ」でジョン・リード役を務めたエイダン・ギレンがハイネック博士を演じ、ドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のマイケル・マラーキーがクイン大尉に扮した。

全米では1月8日に放送がスタートされ、初回放送の視聴者合計数が350万人を記録した本作。これは、2011年に初放送されたドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の視聴者合計数222万人を超える数字となった。日本ではCSのヒストリーチャンネルで放送され、U-NEXTでも配信される。

アプリで読む