Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

MAMAMOO、結束の強さを見せつけたステージ 2度目の来日公演を観て

リアルサウンド

19/8/19(月) 18:00

 K-POPガールズグループ・MAMAMOO(ママム)のコンサート『MAMAMOO 2nd Concert Tour in JAPAN: 4season Final』が、2019年8月11日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで開催された。2回目となる今回の来日公演は、8月7日に発売されたばかりの日本1stアルバム『4colors』のリリースを記念したもので、韓国を皮切りにアジア各国を回ってきたツアー『4season』のファイナル公演でもある。また、日本でこれほど大きな会場で単独公演を行うのは彼女たちにとって初めてということもあり、客席を埋めつくしたファンも開演前から興奮気味であった。

 オープニング映像に続いてスーツ姿のメンバーが颯爽と登場。それぞれのスーツの色はソラ(リーダー/メインボーカル)が青、ムンビョル(ラップ/パフォーマンス)が赤、フィイン(ボーカル/パフォーマンス)が白、ファサ(ボーカル/ラップ)が黄と、実にカラフルだ。4人はメランコリックなメロディが印象的な「Starry Night -Japanese ver.-」と、トライバルな香りが漂うダンスポップ「Egotistic -Japanese ver.-」を続けて披露。表情豊かな歌唱力で瞬時にファンを引きつける様子からは、他のK-POPガールズグループにはない魅力が強く感じられる。

 挨拶を交えたトークの後は、しっとりとしたR&Bナンバー「Rainy Season」で会場内の熱気を一旦クールダウン。そして、韓国で7月下旬にリリースしたばかりの新曲「Gleam」やムンビョルの堂々としたラップが光る「No more drama」、日本で2枚目のシングルとして発表したレトロソウル「Wind flower -Japanese ver.-」といった楽曲で、4人は観客とのコール&レスポンスを楽しんでいく。

 日本1stシングルのカップリング曲「You Don’t Know Me」を歌い終えた後は少し長めのトークコーナーへ。この曲はメンバー全員のお気に入りのひとつだという。聴きどころは「私のラップ」と言い張るムンビョルに、ファサが大阪弁で「それ、ちゃうんちゃう?」と返すと会場は爆笑の渦に。「ここは大阪じゃなくて横浜だから。それにしても海があっていいところですね。恋人同士でいらっしゃった方はコンサートの後にデートしてみては?」とソラがまとめようとすると、再びファサが「まだキスはしちゃだめですよ」と笑わせる。トークでも4人の相性は抜群だ。

 そんな和やかなムードも、9枚目のミニアルバムの収録曲「My Star」やエキゾチックに迫る「gogobebe -Japanese ver.-」といった最新のナンバーで一転し、客席は一気にヒートアップ。興奮冷めやらぬままにソロコーナーに突入した。「HELLO」(ソラ)、「25」(フィイン)、「Be Calm」(ファサ)と比較的じっくりと聴かせるナンバーが多い中、いちばん印象に残ったのは「SELFISH」で軽やかなラップを響かせたムンビョルだ。アルバム収録のバージョンと違い、ボサノバのテイストを前面に出したライブ向けのアレンジを施し、歌心のあるフロウを十分にアピールした。

 童話風アニメーションの上映とコミカルなやりとりで楽しませてくれた彼女たちは、そろそろコンサートの終盤ということで、ファンと一体になれる熱いナンバーを連発する。「あなたより私の方が高い!」とフィインがシャウトしながらスタートした「Taller than You」、4人それぞれの特徴を生かした歌とラップで聴かせる「Um Oh Ah Yeh」、パワフルなR&B「Décalcomanie -Japanese ver.-」など、どの曲も自立した女性の力強さや美しさが感じられ、MAMAMOOがガールクラッシュ(女性が憧れる女性)の代表格と呼ばれる理由がよくわかる。

 エレクトロポップやファンク、ディスコをミックスした華やかなサウンドで大ヒットした「Yes I am」をラストに歌いあげ、大盛り上がりを見せた本編はここで終了。アンコールで再び登場した4人は「涙そうそう」(作詞:森山良子/作曲:BEGIN)、韓国でのデビューヒット曲となった「Mr. Ambiguous」、最後にMAMAMOOをトップグループに押し上げた「You’re the best」を披露して約2時間のステージを終えた。

 曲の途中でいくつかの映像が流れたものの、バックダンサーやゲストもなく、基本は彼女たちの歌とダンスのみ。しかしながら最後まで飽きさせることなく進行できるのは、ひとえに4人のメンバーの実力の高さゆえだろう。またどの曲もいつも以上に胸に響いたのには理由があった。「スタンバイしているときに聞こえてきたファンのみなさんの歓声で泣きそうになったんです。その気持ちに応えて一生懸命歌いました」とステージで語ったファサ。きっと他の3人もそう感じたに違いない。メンバー全員が思いをひとつにして臨んだ今回の公演は、MAMAMOOのキャリアの中でとても大切なものとなるはずだ。

■まつもとたくお
音楽ライター。ニックネームはK-POP番長。『ミュージック・マガジン』や『ジャズ批評』など専門誌を中心に寄稿。ムック『GIRLS K-POP』(シンコー・ミュージック)を監修。K-POP関連の著書・共著もいくつか。LOVE FM『Kore“an”Night』にレギュラーで出演中。

MAMAMOO オフィシャルサイト

アプリで読む