Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

芸術祭十月大歌舞伎

19/9/27(金)

昼の部の『御摂勧進帳』は、『勧進帳』と外題に付いてはいるが、この演目はあの『勧進帳』とは真逆の雰囲気なので、観たことのない方はぜひご覧いただきたい。またなかなか上演されないので、今回は貴重な機会だ。 江戸歌舞伎が花開いた安永年間の江戸、中村座の顔見世狂言として初演された。とはいえ源義経と弁慶たち一行は都を落ち、山伏姿となって奥州へ逃避行の最中。見とがめるのは幕府の役人、富樫左衛門。骨組みは、歌舞伎十八番の『勧進帳』と同じストーリーだ。 ここからがユニークなところ。弁慶は義経を逃がすため、大人しく縄に縛られていたが、タイミングを見計らい、縄をちぎり、番卒どもの首をどんどん天水桶にひきちぎって投げ入れ、あろうことか金剛杖で天水桶をかきまわしたりする。 毬栗頭に真っ赤な隈取、豪快な荒法師のこしらえなのだが、番卒どもに叩かれてギャン泣きするなど、意外な展開に。歌舞伎ファンならなおさら驚くはず。 この大らかでユーモラスな芝居を、江戸の人々が秋の顔見世として、「中村座の来シーズンはこの顔ぶれなのだな」と、勢ぞろいする役者衆を品定めしていただろうと想像するのも楽しい。 別名『芋洗い勧進帳』。二代目松緑ゆずりの快な弁慶をつとめるのは尾上松緑。富樫に片岡愛之助。 昼の部は他に『廓三番叟』『蜘蛛絲梓弦』『江戸育お祭佐七』、夜の部は『三人吉三巴白浪』『二人静』。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む