Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

磯村暖作品

LGBTQや移民をテーマにした作品群を展示、磯村暖の個展『LOVE NOW』

CINRA.NET

18/11/30(金) 21:14

磯村暖の個展『LOVE NOW』が、12月24日まで東京・外苑前のEUKARYOTEで開催されている。

1992年に東京で生まれたアーティストの磯村暖。中国やタイでの滞在制作、キース・ヘリング生誕60周年記念イベントでのコラボ、香取慎吾と若手アーティストによる展覧会『NAKAMA de ART』への参加など幅広い活動を展開している。

磯村にとって約1年ぶりの個展となる同展は、社会的な違和感を取り上げる作風から発展し、LGBTQや移民、宗教といったキーワードを組み込んで制作した近年の活動を総括するもの。「同性愛の罪」「国籍を持たない罪」といった罪状が書かれたコンクリート製の「地獄の亡者像」が会期中に追加されていく作品をはじめ、新作のドローイングや、在日ネパール人との協働作品『HOME PARTY, 2017』の新バージョン、LGBTQの当事者でもある磯村が台湾での同性婚をテーマに制作した『Joss Paper for the lovers, 2018』、同作を展開させた『LOVE NOW, 2018』を紹介する。

12月1日には磯村とタイ仏教美術の研究者・椋橋彩香とのトークイベントが行なわれる。

アプリで読む