Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

HKT48、1年ぶりシングル『3-2』で堂々1位 一貫した音楽性とフレッシュなフォーメーションで心機一転

リアルサウンド

20/5/2(土) 10:00

参考:2020年5月4日付週間シングルランキング(2020年4月20日~2020年4月26日)(https://www.oricon.co.jp/rank/js/w/2020-05-04/)

 最新のオリコンチャートは、HKT48『3-2』が161,785枚で1位を獲得。続いて、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『INVISIBLE LOVE』が19,921枚で2位、『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 055-057 早坂美玲・藤原肇・夢見りあむ』が7,687枚で3位。HKT48が2位以下に大差をつける結果となった。

(関連:HKT48、一貫した音楽性とフレッシュさ

 『3-2』はHKT48の13枚目となるシングル。前作『意志』より約1年ぶりのシングルで、指原莉乃の卒業後としては初めてのリリースである。表題曲の作曲は杉山勝彦、編曲は杉山勝彦と谷地学。乃木坂46に多くの楽曲を提供している杉山は、HKT48には過去に「初恋バタフライ」「空耳ロック」「いつだってそばにいる」の3作を提供。同グループの表題曲に提供するのは今回が初となる。

 「3-2」は“さんひくに”と読み、いわゆる三角関係についての歌となっている。親友の彼女を好きになった主人公の孤独がテーマだが(3人のうち2人が結ばれて余った1人が自分というわけだ)、サウンドには疾走感があり、切なさの中にも歌い手の勢いを感じさせる楽曲である。

 また、カップリング曲に耳を傾けると「How about you?」や「青春の出口」といったエネルギッシュな青春ロックが収録されていたり、「キスの花びら」はAKB48「フライングゲット」や乃木坂46「インフルエンサー」などを連想するラテン調のダンスナンバー。こうしたスパニッシュな楽曲をグループアイドルが歌うと、素早い歌割りによるマイクリレーがスリルを生み臨場感を感じ取れる。

 なかでも筆者が気になったのが「おしゃべりジュークボックス」だ。1950~60年代のアメリカンポップスを彷彿とさせるロックンロール調で、サザンオールスターズの「いなせなロコモーション」あたりと並べて聴きたい真夏のビーチ感がある(エルトン・ジョンの「Crocodile Rock」でも可)。同グループでは「ハワイへ行こう」(『12秒』収録)とも近い路線で、こうした古き良きポップスを現代のガールズポップにアレンジしたものにはどうしても耳が反応してしまう。

 全体的にはどの収録曲も力強く、比較的ロック成分が強めな印象だ。そしてそれは「メロンジュース」や「桜、みんなで食べた」といったメロディックな青春ロックで見せてきたこのグループの一貫しているスタイルでもある。

 思えば、グループ初期から人気を牽引していた宮脇咲良は2018年にHKT48を離れて現在IZ*ONEで活動中、同じく当初から人気メンバーのひとりだった兒玉遥は昨年卒業、劇場支配人を兼任していた指原莉乃も昨年ついに卒業……といったように、ここ数年で次々に中心人物が去っている。

 そうした状況で、楽曲のロックなスタイルは維持しつつ、フレッシュな4期生メンバーをセンターに迎えることで、心機一転を図ったシングルと言えるだろう。(荻原 梓)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む