Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「『アバター』より壮大」とジェームズ・キャメロンが語る 『アリータ』最新予告編公開

リアルサウンド

18/12/11(火) 8:00

 2019年2月22日に全国ロードショーされる映画『アリータ:バトル・エンジェル』の最新予告編が公開された。

 木城ゆきとのコミック『銃夢』を、『アバター 』のジェームズ・キャメロン製作・脚本、『シン・シティ』のロバート・ロドリゲス監督で実写化した本作の舞台は、天空に浮かぶユートピア都市“ザレム”と、ザレムから排出された廃棄物が堆積して山をなす荒廃した街“アイアンシティ”に分断された世界。

 今回公開された予告編は、激しい戦いを繰り広げる人々の映像で始まり、これまで謎のベールに包まれていた“300年前の大戦”と思われる映像が映し出されている。映像の後半では、最強兵器として作られたという壮絶な過去を持つアリータを破壊しようと、凶悪な殺人サイボーグたちが次々と襲い掛かるが、戦士として目覚めたアリータが驚異的な格闘スキルで彼らを圧倒していく様子が、最新鋭のハリウッドの映像技術を駆使して描かれている。また、サイボーグのレーサーたちによるサバイバルゲーム“モーターボール”の様子も確認できる。

 映像を観た原作者の木城は、「ありがとう! これこそ僕が30年前に見たかった映像だ!」「映画表現がうらやましい!」と述べ、キャメロンも「原作は新鮮で、創造的で、最先端。美しく、恐ろしく、驚異的だ。木城先生が作った世界を映画に収まる範囲で最大限に映像化した」「『アバター』より壮大だね」と本作について語っている。 (リアルサウンド編集部)

アプリで読む