Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「今日も嫌がらせ弁当」トークショーに登壇した佐藤寛太。

佐藤寛太、先輩・鈴木伸之のために作りたい「嫌がらせ弁当」を語る

ナタリー

19/7/17(水) 13:19

「今日も嫌がらせ弁当」のトークショーが7月16日に東京のシネ・リーブル池袋で行われ、キャストの佐藤寛太(劇団EXILE)が登壇した。

本作は反抗期の娘・双葉のために“仕返し弁当”を作り続けるシングルマザー・かおりの姿を通して、母の愛情を描く物語。かおりを篠原涼子、双葉を芳根京子が演じた。

双葉が思いを寄せる同級生・達雄を演じた佐藤は「この作品の舞台挨拶に1人で登壇するのは初めてなので、少し寂しいです」とコメント。撮影が行われた東京・八丈島について聞かれると「海が本当にきれいで、スクーターで1周して10時間ぐらいかかりました!」と述べ、「長崎の対馬に7歳まで住んでいたので、島の人がなじみやすくて、都心と違って高いビルもなくて懐かしかったです」と振り返った。

観客との質疑応答では「LDHの方に嫌がらせ弁当を作るなら?」という質問が。佐藤は「鈴木伸之先輩は身長が180cm以上もあってかっこいいのに飛行機も虫も苦手なので、いろんな色の虫が入ったお弁当を差し入れしたい! 当分口を聞いてもらえなくなるだろうけど」と答えて笑いを誘う。劇団EXILEに入りたての頃に鈴木の家で年越しをしたことがある彼は「鈴木さんが作ってくれたお雑煮が本当にうまかった。これが関東の味だよっていろいろ話してくれたので心が温まり、そのときは泣きそうでした。一生忘れられないですね」と語った。

最後に佐藤は「この作品に出たことで、親孝行できた気分になりました。僕の親もこの映画を観て、自分の親に会いたくなったと言っていました。家族にとっていいことをしたなと思っています」と述懐。「時が経っても愛され続ける作品になると思うし、こういう作品に出られてよかったです!」と話してイベントを締めくくった。

「今日も嫌がらせ弁当」は全国で公開中。

(c)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

アプリで読む