Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ブルー・ダイヤモンド」新場面写真

キアヌ・リーヴスはプロ中のプロ!「ブルー・ダイヤモンド」監督が絶賛

ナタリー

19/7/29(月) 21:15

キアヌ・リーヴスが主演を務める「ブルー・ダイヤモンド」より、メイキングカットと新たな場面写真が到着した。

本作はロシア・シベリアを舞台に、リーヴス演じる宝石ディーラーのルーカス・ヒルが、希少なブルー・ダイヤモンドを巡る駆け引きで危険な事態に巻き込まれていくサスペンスアクション。リーヴスのほかアナ・ウラル、パシャ・リチニコフ、ユージン・リピンスキーらが出演した。

場面写真には、サンクトペテルブルクに降り立ったルーカスの姿や、ロシアンマフィアと取り引きしている様子、シベリアのカフェ店員と密着して見つめ合う場面などが切り取られている。

監督を務めたマシュー・ロスは「僕のデビュー作は終始一貫して素晴らしいキャストに恵まれた。『ブルー・ダイヤモンド』も同じだったよ。もちろん筆頭にくるのはキアヌだ。深遠な知性がある素晴らしい俳優で、ロシア語の習得からダイヤモンドの扱いに至るまで、彼の『正しくやろう』ということに対する姿勢には圧倒されたし素晴らしかった。キアヌは“プロ中のプロ”で、器の大きい素晴らしい人だ」とリーヴスの人柄を手放しでたたえた。

「ブルー・ダイヤモンド」は8月30日より東京・新宿バルト9ほか全国にてロードショー。

※「ブルー・ダイヤモンド」はR15+指定作品

(c)2018 MARS TOWN FILM LIMITED

アプリで読む