Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

中国映画市場が国慶節に興収100億円超、中国神話もとにしたアニメ「姜子牙」が1位

ナタリー

20/10/2(金) 21:33

「姜子牙(原題)」ビジュアル

中国映画市場では建国記念日「国慶節」にあたる10月1日に、1日で興行収入7億元(約108億円)を突破し、今年1番の記録を更新した。

興行収入1位に輝いたのは中国神話をもとにしたアニメーション「姜子牙(原題)」。興行収入3.42億元(約53億円)を叩き出し、2019年中国の年間興行収入ランキング1位を獲得した「ナタ~魔童降臨~」が持つアニメ映画の単日興行収入記録3.419億元を塗り替えた。2位にはホームコメディ「我和我的家郷(原題)」、3位にはジャッキー・チェンの主演作「急先鋒(原題)」がランクイン。4位にはピーター・チャンが監督し、コン・リーが出演した「奪冠(原題)」、5位には日中戦争を描いた「八佰」が入った。

中国人ジャーナリストの徐昊辰は、「中国映画市場では昨日1日で約7億元の興行収入を記録し、今年1番の記録を更新しました」と述べ、「コロナがほぼ収束した中国では、映画業界も予想より早く完全復活しました。果たして、2020年は北米を抜き、世界最大の映画市場になれるか!? 今後の動向が注目されています」とコメントした。

(情報・写真提供:新浪)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む