Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

“許し”とは何か?iaku「逢いにいくの、雨だけど」尾方宣久ら初演キャストで

ナタリー

21/1/15(金) 17:00

iaku「逢いにいくの、雨だけど」ビジュアル

iaku「逢いにいくの、雨だけど」が4月17日から25日まで東京・三鷹市芸術文化センター 星のホール、5月8・9日に大阪・吹田市文化会館メイシアター 中ホールで上演される。

「逢いにいくの、雨だけど」は、iakuの横山拓也が作・演出を手がける2018年初演作。幼い日、通っていた絵画教室で、小さなもめごとから片目を失明してしまった男の子。彼のことが忘れられない“彼女”は、会いに行くことを決意して……。本作では“彼”と“彼女”の姿から、人生に大きな影響を与えた出来事をめぐって許すこと、許されることとは何かを観客に問いかける。

再演となる今回、出演者にはオリジナルキャストであるMONOの尾方宣久、KAKUTAの異儀田夏葉、橋爪未萠里、ペンギンプルペイルパイルズの近藤フク、納葉、松本亮、川村紗也、ナイロン100°Cの猪俣三四郎がそろった。チケットの一般販売は2月26日に開始される。

iaku「逢いにいくの、雨だけど」

2021年4月17日(土)~25日(日)
東京都 三鷹市芸術文化センター 星のホール

2021年5月8日(土)・9日(日)
大阪府 吹田市文化会館メイシアター 中ホール

作・演出:横山拓也
出演:尾方宣久、異儀田夏葉、橋爪未萠里、近藤フク、納葉、松本亮、川村紗也、猪俣三四郎

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む