Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

NoGoDが語るエンターテインメント論「バンドは浮世離れしていて、たくさんの人を楽しませるもの」

リアルサウンド

14/9/25(木) 18:00

140917_nogod_a.jpg

 

 本格的なヘヴィ・メタルを中心にした音楽性と奇抜なファッションによって、ファンからの強い支持を得ているNoGoDがニューアルバム『Make A New World』を完成させた。卓越した演奏テクニックに支えられたサウンド、前向きなメッセージ性を感じさせる歌詞をさらに突き詰めた本作は、来年10周年を迎える彼ら自身にとってもひとつのターニングポイントになりそうだ。今回は団長(Vo)、Kyrie(G)にインタビュー。新作の制作過程、バンドのルーツ音楽、現在の音楽シーンに対するスタンスまで幅広く語ってもらった。

「とにかくグッドメロディでエッジの効いた音楽をやりたいと思って」(団長)

――オーセンティックなヘビィメタルを軸にしたNoGoDの音楽は、現在のシーンにおいてはかなり異色ですよね。

団長:今回のアルバムもそうですけど、音源を作るたびに「いい音だな」という自信はあるんですけどね。いま、こういうメタルっぽいバンドサウンドは主流の音ではないと思うんですよ。スクリーモ、メタルコアみたいな音ではなくて、ダイナミクスを大事にした骨太のロックだなと思うので。

――音数も抑えられていて、バンドの生音が伝わる作りになってるというか。

団長:同期の音を使ってないですからね。ぜんぶ人力なんで。

Kyrie:まあ、何も考えてないだけなんですけどね。

団長:そう、もともと同期を使うっていう概念を持ってないから。メンバーが5人いれば、大体のことは出来るんで。

Kyrie:同期は、要はオケを流しながら演奏するわけじゃないですか。極端なことを言えば、「オケを使うんだったら、その音だけでいいんじゃないか?」って思ってしまうので。

団長:別の音を足すという発想もないし、生で足せる音以外は(CDにも)入れるべきじゃないと思ってるんですよ。真っ当じゃないのは見た目だけで、こんなにピュアなバンドはいないですよ。

Kyrie:(笑)。

――バンドのルーツになっているのは、やはりヘヴィ・メタルなんですか?

Kyrie:うーん…。メタルっぽい精神性を持ってるのは、僕とベース(華凛)くらいですけどね。

団長:え、俺は?

Kyrie:君はどっちかっていうと、メロコア、パンクの精神性の方が強いでしょ。

団長:…しょうがないよ、ハイスタ(Hi-STANDARD)世代だから。

Kyrie:相方のギター(Shinno)はJ-POPだし。

団長:J-POPとLUNA SEAさんね。

Kyrie:だから純然たるメタル・バンドではないんですよね。もともとメタルをやりたいと思って始めたわけでもないし、いまのNoGoDは生粋のメタル・バンドなのか? って言われれば、そうではないと思うので。

団長:ぶっちゃけメタルは大好きだし、ベーシックな部分にメタリックなテイストは入ってますけどね。ただ、我々は90年代の豊かな音楽を聴いてきたので。日本の音楽も豊富だったし、海外の音楽もどんどん入ってきて。そういう要素も自然と入ってくるんですよね、自分たちの音楽に。

Kyrie:あと、「何でもやれるバンドでいたい」っていうもあって。年月をかけて「ここまでやっても大丈夫」っていう範囲を広げてきたというか。

団長:とにかくグッドメロディでエッジの効いた音楽をやりたいと思ってたんですよね、僕は。自分自身のことを言うと、10代の頃はオーソドックスなメタルバンドをやってたんですよ。でも、徐々に限界を感じ始めて。メタルのフィールドって、良くも悪くもスタイルを重んじるところがあって、新しいことをやろうとすると受け入れてもらえなかったんです。で、「じゃあ、いっそのこと化粧してやる!」って思って始めたのがNoGoDなんですよ。もともと筋肉少女帯さんや人間椅子さんも好きだったし。ただ、日本で化粧してバンドをやると、ビジュアル系に括られるんですよ。

――ビジュアル系のシーンに対しては、窮屈さを感じなかった?

団長:ビジュアル系と言われることに抵抗はなかったです。でも、化粧をしているだけで出演出来ないライブハウスもあるから、結局、ビジュアル系のハコでやるしかないんですけどね。

Kyrie:ジャンルで括りづらいバンドだとは思うんですよね。今回のアルバムもそうですけど、同じジャンル、ひとつの方向性を突き詰めているわけではないので。もちろん、どんな曲をやってもNoGoDらしさは在るべきだと思ってるんですが。

「聴いてくれた人が新しいNoGoDを感じてくれたら嬉しい」(Kyrie)

――新作『Make A New World』はどんなテーマで制作されたんですか?

Kyrie:いままでのアルバムはテーマやコンセプトを掲げて制作を進めるんですけど、今回はそれをやらなかったんですよね。「こういうアルバムにしよう」と決めず、書いた曲のひとつひとつに向き合ったというか。

団長:それまではコンセプチュアルなアルバムしか作ってこなかったんです。でも、長年バンドをやってきて、NoGoDらしさだったり、バンドの力をしっかり実感できるようになってきて。このタイミングで違う作り方をやってみてもいいんじゃないかな、と。アルバムに英語のタイトルを付けるのも初めてなんですよ。

Kyrie:曲が出そろった段階で、歌詞のなかに“世界”とか“ワールド”という言葉が何回か出てくることに気づいて。それぞれの曲のなかにも、いままでのNoGoDにはなかったエッセンスが入ってるし、それも含めて「新しい世界」だなと思ったんです。

――新しいトライが多いアルバムだった、と。

Kyrie:新しいトライは多いですね、地味に(笑)。細かく説明すると新しいポイントがいっぱいあるんですけど、それはプレイヤーとしての挑戦だったりするので。具体的なことはともかく、聴いてくれた人が新しいNoGoDを感じてくれたら嬉しいですね。まあ、「いつも通りだな」と思ってくれてもいいんですが。

――あくまでも自分たちがやりたいことをやるのが先決?

Kyrie:賞賛してもらえることもあるし、批判の言葉をもらうこともあるんですけど、まずは納得できる作品を作ることがスタートラインですからね。もちろん、より多くの人に届けたいという気持ちはありますけど。

団長:アーテイストが自信を持ってやってないと、誰にも届かないと思うんですよ。特にウチはメッセージソングを歌うバンドなので。音楽はあくまでもメッセージを届けるものだと思ってるんですよ、僕は。

――今回のアルバムも歌詞も驚くほどストレートですよね。

団長:英語の歌もたくさん聴いてるし、大好きですけど、自分がやるとなれば「日本人なんだから、英語では歌わない」っていうタイプなんです。海外を視野に入れていれば、英語で歌うのもいいと思いますけど、俺は日本語という言葉がすごく好きなんですよ。こんなに豊かで、品がある言葉って、他にないんじゃないかなと。

Kyrie:顔は品がないんですけどね。

団長:そうなんだよね(笑)。日本語を大事に扱えば、ひとつの言葉の意味を何倍、何十倍に膨らませることもできるし、景色を見せることもできますからね。聴いてくれる人を悲しませたり、傷を舐め合うような歌は好きじゃなくて、とにかく元気になってほしいんですよ。ロックバンドは言葉を大事にするべきだと思いますね、ホントに。

「さらに視野を広げていきたいですね。日本のロックバンドとして」(団長)

――7月にパリで行われたJAPAN EXPOに出演しましたが、そのときも…。

団長:もちろん日本語で歌いました! JAPAN EXPOだから日本語が通じるのかと思ったら、ぜんぜん通じなくて(笑)。「英語もフランス語もできないから、日本語で歌います!」って言ったら、シーンってなちゃったんですよ。で、慌てて「Are you ready?」って言って。でも、サウンドのカッコ良さはちゃんと伝わったと思います。こういうサウンドはもともとヨーロッパから生まれたものでもあるし。

Kyrie:日本とは環境も違うし、人の雰囲気も違ったけど、僕達がやることは何も変わらないというか。ライブを見てくれた人、関わったスタッフを含めて、みんな音楽が好きなんだっていうのはすごく伝わってきたんですよ。音楽を愛する気持ちには国境はないなって思えましたね。

――JAPAN EXPOは日本のカルチャーを発信するというテーマのイベントですが、そこはどんなふうに捉えてますか?

Kyrie:このバンドがジャパン・カルチャーだって言われたら、「え、やめて。日本人はこんなんじゃない」って客観的に思いますね(笑)。

団長:そんなことないよ。白塗り、舞妓、芸者だから(笑)。でも、JAPAN EXPOの中心はコスプレ、アニメ、マンガ、ゲームだと思うんですよね、きっと。バンドにはそこまで興味がなくて、アニソンを歌っていればちょっと興味を持つという感じじゃないかな、と。それでもNoGoDを見るために集まってくれた人がいた、ということに意味があると思うんです。握手会にも100人以上参加してくれたんですけど、イタリアとかドイツとか、他国から来てくれた人もいて。その人たちの熱量は本物だったし、励みになりましたね。ヨーロッパでもツアーをやりたいと思ったし…実はツアーの計画があったんですけど、いろんな事情で頓挫しちゃったんです。来年はぜひ行きたいですね。ヨーロッパだけではなく、アジアでもライブしたいし。そのために昔の曲をYoutubeに再アップしたんですよ。SoundCloudにも曲を上げたし、さらに視野を広げていきたいですね。日本のロックバンドとして。

――国内においても、もっといろんなシーンに切り込んでいけるバンドだと思うんですが。

団長:切り込みたいですよ! 個人的にはずっとフェスに出たいと思ってるんですけど、化粧しているバンドはなかなか出づらいみたいで。もしかしたら偏見を持ってるんじゃないかなって感じることもあるんですよね。僕ら、炎天下のライブでもぜんぜんいけるんですけどね。白塗りしてるから、紫外線対策もバッチリだし(笑)。

Kyrie:何のインタビューだよ(笑)。

団長:結局、今年もフェスに出れなかったら、自分でやりました(6月14日、川崎CLUBCITTA‘で開催された団長主催のフェス「Big mouth ROCK FESTIVAL 2014」)。Jealkb、THE冠、MEANING、石鹸屋に出てもらって。

――個性的なメンツですね~。

団長:アーティスト主催のフェスはおもしろいじゃないですか。氣志團万博もそうだし、西川貴教さんがやってるイナズマロックフェスもそうだし。ジャンルに関係なく、その方が「いいな」と思うバンドを呼んでるというか。

――エンターテインメントに対する意識も高いんでしょうね。

団長:そうですね。リンプ・ビズキットのボーカルのフレッド・ダーストが「俺は90年代のオルタナ・ブームが大嫌いだった」って言ったことがあるんです。80年代の煌びやかなショービジネスの世界に憧れてたのに、’90年代になったらネルシャツを着て、足元を見ながら「俺は弱い人間だ」って歌うバンドばっかりになった。俺はそうじゃなくて、キッズが憧れるロックスターになるんだって。ホントにその通りだなって思うんですよ。バンドっていうのは浮世離れしていて、たくさんの人を楽しませるものだな、と。だから俺は派手なメイクをするんです。意見が合わないメンバーは派手なメイクをしてくれないんだけど(笑)。

Kyrie:だって、中身が俗物なんだもん。ぜんぜん浮世盤れしてないでしょ、君は。

団長:浮世離れしてる人は「浮世離れしたい」なんて言わないからね。憧れだから。

――(笑)。いま、多くの人を楽しませるエンターテインメント性を担ってるのは、アイドルでしょうね。

団長:中学2年のときにモーニン娘。さんのライブを観に行ったんですけど、8人くらいの女の子がステージにいて、何千人のファンが「ウォーッ!」って盛り上がってて。この熱狂こそがライブなんだって思ったんですよね。あと、「AIR JAM」も大好きだったんですけど、そっちは全力、汗だくでライブをやることがエンターテインメントなんですよね。で、お客さんはジャンプして暴れまくって。そういうショーマンシップにはリスペクトを持っているし、自分たちもそうありたいと思いますね。

――『Make A New World』のツアーでも、NoGoDの新しいエンターテインメントが見られそうですね。

Kyrie:全曲新曲のアルバムも初めてだし、どういうライブになるかはまだ分からないですけどね。フルアルバムのツアーは毎回、空気が違うんですよ。今回はどんな雰囲気になるか、すごく楽しみです。いままで以上にライブを想定して作った曲ばかりだし、新しい世界を感じられるツアーになると思います。

団長:来年は10周年だし、このアルバムと次のツアーがひとつの節目になるかもしれないですね。バンドのポテンシャルも上がってきてるし、「いま見るべき、いま聴くべきバンドです」と言っておきます!

(取材・文=森朋之)

■リリース情報
『Make A New World』
発売:2014年9月17日
価格:¥3,000(税抜)
【初回生産分のみの2大特典】
・スペシャル“New World”BOX仕様
・Japan Expo 2014 メモリアル・フォトブック封入

■ツアー情報
『ONE MAN TOUR -2014-AUTUMN 「Follow Your World」』
9月27日(土) 神戸VARIT
9月28日(日) OSAKA MUSE
10月4日(土) 横浜BAYSIS
10月5日(日) 水戸LIGHT HOUSE
10月10日(金) 仙台MACANA
10月11日(土) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
10月13日(月.祝) 札幌KRAPS HALL
10月18日(土) 名古屋E.L.L
10月19日(日) 浜松窓枠
10月25日(土) 長野JUNK BOX
10月26日(日) 新潟RED
10月30日(木) 広島ナミキジャンクション
11月1日(土) 熊本DRUM Be-9 V2
11月2日(日) 福岡DRUM Be-1
11月8日(土) 福井CHOP
11月9日(日) 金沢AZ
11月15日(土) 高崎CLUB FLEEZ
11月16日(日) HEAVEN’S ROCK 宇都宮VJ-2
11月29日(土) 品川ステラボール [TOUR FINAL!!]

その他イベント出演有り。詳細は公式頁を参照

■NoGoD公式頁
http://www.artpop.org/nogod/

■『Make A New World』特設サイト
http://cnt.kingrecords.co.jp/nogod_manw/

アプリで読む