Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

演劇の毛利さんが本格始動、Vol.1は荒木宏文・夢咲ねね出演の「天使は桜に舞い降りて」

ナタリー

荒木宏文

少年社中の毛利亘宏が立ち上げた新ユニット・演劇の毛利さんのVol.1となる「天使は桜に舞い降りて」の出演者、公演詳細が明らかになった。

演劇の毛利さんは、今年1月にVol.0を冠した音楽劇「星の飛行士」を上演。本格的なスタートとなる今回は、桜の物語から生まれる“再生”をテーマにした作品を送る。その美しさのあまり、時に人も天使も狂わせる桜。繰り返される絶望と再生の物語とは……。

このたび、毛利が脚本・演出を務める本作に、荒木宏文、夢咲ねねを中心に、三津谷亮、伊崎龍次郎、大薮丘、星元裕月、相澤莉多、エリザベス・マリー、ザンヨウコ、川本裕之、井俣太良、山本亨が出演することが決定した。毛利は上演に向けて「皆と思う存分笑い会いたい! 笑顔になってほしい! 桜の下に人が集うように、また劇場に人が集まってほしい! そんな想いを込めながら、人間の心の『再生』を描き出します」とアピールした。

公演は来年1月6日から16日まで東京・サンシャイン劇場、22・23日に愛知・名古屋市公会堂 大ホール、28日から30日まで大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて行われる。チケットのオフィシャル抽選先行販売は、11月24日12:00に公演の特設サイトで開始される。

毛利亘宏コメント

<演劇の毛利さん>ついに動き出します。Vol.0と称して、今年2021年のはじめに「星の飛行士」を上演してから約1年。今回、本格的な始動となります。今年のはじめ、多くの人の支えがあって、たくさんの方から頂いたお声に救われました。改めて、御礼申し上げます。

<演劇の毛利さん>は私、毛利亘宏が演劇の可能性、エンタテインメントの素晴らしさを全力で追求していく演劇ユニットとして、劇団や他のプロデュース公演とはまた違った“演劇”を皆さまにお届けしたいと思っております。

本作「天使は桜に舞い降りて」は、皆と思う存分笑い会いたい! 笑顔になってほしい! 桜の下に人が集うように、また劇場に人が集まってほしい! そんな想いを込めながら、人間の心の「再生」を描き出します。

桜はなんだか演劇に似ている気がします。美しく咲き誇り、儚く散る。そんな桜と演劇に再生への願いを託し、新作に臨む所存です。満開の桜を待ち望むような気持ちで、どうぞご期待下さい。

演劇の毛利さん-The Entertainment Theater Vol.1「天使は桜に舞い降りて」

2022年1月6日(木)~16日(日)
東京都 サンシャイン劇場

2022年1月22日(土)・23日(日)
愛知県 名古屋市公会堂 大ホール

2022年1月28日(金)~30日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

脚本・演出:毛利亘宏
出演:荒木宏文、夢咲ねね / 三津谷亮、伊崎龍次郎、大薮丘、星元裕月、相澤莉多、エリザベス・マリー、ザンヨウコ、川本裕之、井俣太良、山本亨

アプリで読む