Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「ミッドナイトスワン」台湾で公開決定、草なぎ剛と内田英治が喜びつづる

ナタリー

20/10/29(木) 17:09

「ミッドナイトスワン」ポスタービジュアル

「ミッドナイトスワン」が「午夜天鵝」のタイトルで12月31日より台湾で公開される。

トランスジェンダー女性として体と心の葛藤を抱えながら生きる凪沙を主人公とした本作。このたび10月31日より台北で開催されるイベント「台湾LGBTプライド(台湾同志遊行)」に合わせて、台湾公開の情報が発表された。

このたび凪沙を演じた草なぎ剛、監督の内田英治からコメントが到着。草なぎは「大変うれしくさらに多くの方々に作品が届けられることを心から幸せに思っています」、内田は「ゆっくりと大きく羽を広げて海を渡るスワンをまだ暫く見守ってやって下さい」とそれぞれ感謝と喜びをつづった。

「ミッドナイトスワン」は9月25日に日本公開され、公開4週目の10月22日時点で興行収入5億円を超えた。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記

草なぎ剛 コメント

12月31日からは台湾でも公開されるとうかがい、大変うれしくさらに多くの方々に作品が届けられることを心から幸せに思っています。多くの方々に凪沙や一果たちの姿を通して感じていただけることがきっとたくさんあると思います。皆さんから感想がいただけたらとてもうれしいです。

内田英治 コメント

このような情勢の中で、海外での公開が決まることに大変感謝致します。また、台湾での公開がきっかけとなり、その他の国へと波及することを期待しております。ゆっくりと大きく羽を広げて海を渡るスワンをまだ暫く見守ってやって下さい。ありがとうございます。

(c)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む