Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

コレット・サドラーが“生の身体の可能性”に迫る「Learning from the Future」

ナタリー

「Learning from the Future」より。(c)Mikko Gaestel

「Learning from the Future」が10月29日から11月8日まで、Vimeoにて公開される。

これは「東京芸術祭2021」の1プログラム。本作の振付を手がけるのは、グラスゴー出身で、自身の振付・パフォーマンス・キュレーションを行う団体、スタマー・プロダクションを主催するコレット・サドラー。本作では、モノリスのような直方体を用い、“ダンサー=女性サイボーグの機械化”を通じて、身体の可能性について考える作品となっている。リア・マロイエヴィッチが出演。上演時間は約45分。

「Learning from the Future」配信

2021年10月29日(金)~11月8日(月)

振付:コレット・サドラー
出演:リア・マロイエヴィッチ

アプリで読む