Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「シモネタGP」決勝今夜、チュートリアル徳井「ふざけた審査はできない」

ナタリー

「シモネタGP2021」ファイナリスト

「シモネタGP2021」決勝大会の様子が本日10月1日(金)23時よりABEMAで配信される。

3週にわたる予選大会を勝ち上がったのは、入間国際宣言、オダウエダ、紺野ぶるま、トンツカタン、なすなかにし、ニッキューナナ、ハナイチゴ、ラブレターズ、ルシファー吉岡の9組。決勝大会では全組が“シモネタ”を披露したあと、審査員5名と観客投票によって最高評価を獲得した芸人がシモネタNo.1の称号と優勝賞金100万円を手にする。

審査員の大久保佳代子はシモネタのぶつかり合いを上質な“何か”に例えながら彼らの戦いに期待。同じく審査員のチュートリアル徳井は「(出場者の)メンツを見ていたら、(『M-1グランプリ』『キングオブコント』のような)そのぐらいの大会になってもおかしくないなという気がしてきました。ふざけた審査はできないな、という気がしています」と身を引き締めた。

今大会にはあぁ~しらき、カップルノテイ、クマムシ、SAKURAI、瞬間メタル、なすなかにし、ニッキューナナ、ルシファー吉岡、ロビンフット、青色1号、アナログタロウ、入間国際宣言、ウエストランド、オダウエダ、ぐりんぴーす、紺野ぶるま、ステゴンダ、トンツカタン、にたりひょん吉、日本エレキテル連合、島山ノブヨシ、ハナイチゴ、パニーニ、HEY!たくちゃん、モシモシ、ラブレターズ、わらふぢなるおが出場。MCをケンドーコバヤシが務め、大久保、徳井のほかイジリー岡田、三田麻央、ぴぐもんが審査員に名を連ねた。

ABEMA「シモネタGP2021」決勝大会

配信日時:2021年10月1日(金)23:00~24:00

(c)AbemaTV, Inc.

アプリで読む