Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

鳥の劇場2019年度<創るプログラム>「剣を鍛える話」チラシ

大鍋で生首同士が決闘、魯迅の小説をもとにした「剣を鍛える話」

ナタリー

19/8/9(金) 11:05

「剣を鍛える話」が、8月23日から27日まで鳥取・鳥の劇場で上演される。

2007年に初演された本作は、中国の魯迅による短編小説「鋳剣」をもとに、中島諒人が構成・演出を手がける作品。残虐な王に父を殺された16歳の少年・眉間尺は、謎の黒い男と父の形見の青剣に導かれ、復讐のため王と対決する。しかしその決闘は大鍋の中、生首同士の対決という奇妙なかたちで行われ……。

中島は本作について「本上演では、あらゆる場面が、俳優の身体だけで演じられる。演劇的な力強さにあふれている。それは、観る人に身体のよろこびとして伝わるだろう。ネットやスマホの時代に、多くの人が忘れかけている人間的な愉しみである」と公式サイトにつづっている。

なお本作は第9回シアター・オリンピックスに招聘されており、9月5・6日に富山・利賀芸術公園でも上演される。

鳥の劇場2019年度<創るプログラム>「剣を鍛える話」

2019年8月23日(金)~27日(日)
鳥取県 鳥の劇場

2019年9月5日(木)・6日(金)
富山県 利賀芸術公園

原作:魯迅
翻訳:竹内好
構成・演出:中島諒人
出演:齊藤頼陽、中川玲奈、赤羽三郎、高橋等、中垣直久、安田茉耶、後藤詩織、大川潤子、増谷京子、山本芳郎

アプリで読む