Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

浮世企画「誰そ彼」の出演者。

妖怪が大挙して登場?浮世企画の“微ファンタジー家族劇”に松本亮ら

ナタリー

19/7/24(水) 12:45

浮世企画「誰そ彼」が、9月19日から23日まで東京・駅前劇場で上演される。

本作は、“見たいものしか見ようとしない”というスタンスで生きる兄弟と、その傍らで擬似家族のように集まって暮らしている“見ようとしなければ見えない”妖怪たちの物語。キャストには、松本亮、田中博士、綾乃彩、櫻井馨織、小野匠、松本D輔、高橋龍児、成瀬志帆、そして鈴木アメリ、本井博之らが名を連ねている。

上演に際し、脚本・演出を手がける今城文恵は「浮世企画の作品にはこれまでもカッパや座敷童子がフラフラと登場してきましたが、今回はそんな人ではないものが大挙して現れます」と説明。さらに「無理くり一言にまとめるなら、微ファンタジー家族劇かな。私の大好きな駅前劇場にてお待ちしております」と観客に呼びかけた。チケット販売は8月3日10:00にスタート。

今城文恵コメント

浮世企画の作品にはこれまでもカッパや座敷童子がフラフラと登場してきましたが、今回はそんな人ではないものが大挙して現れます。
と言っても、役者さんが特殊メイクをする訳ではありません。
ちょっとだけどこかがズレてる、そのために無視されたり、怖がられたり、否定されたりする、そんな彼らです。
そして、それは人間も同じなのです。
浮世企画が謳う「登場人物全員駄目人間」に、※人間でないもの含む、という注意書きを足して、ハチャメチャに多彩な俳優陣とお送りする(こんな座組は浮世企画でしか見られませんよ!)演劇。無理くり一言にまとめるなら、微ファンタジー家族劇かな。
私の大好きな駅前劇場にてお待ちしております。

浮世企画「誰そ彼」

2019年9月19日(木)~23日(月・祝)
東京都 駅前劇場

脚本・演出:今城文恵
出演:松本亮、田中博士、綾乃彩、櫻井馨織、小野匠、松本D輔、高橋龍児、成瀬志帆 / 鈴木アメリ、本井博之 ほか

※高橋龍児の「高」ははしご高が正式表記。

アプリで読む