Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」キービジュアル

1964年の東京パラリンピックを記録したドキュメンタリー、55年ぶりに上映

ナタリー

19/10/30(水) 8:00

1965年に公開されたドキュメンタリー「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」がデジタル修復され、2020年1月17日より東京のユナイテッド・シネマ豊洲で上映される。

今では誰もが知る名称となった“パラリンピック”は、パラブレジア(下半身まひ)とオリンピックを組み合わせた言葉。下半身まひだけでなく身体障害者全体の国際スポーツ競技会を周知する役目を負った、1964年の東京パラリンピックで初めて用いられた。

渡辺公夫が監督、脚本、撮影を担当した映画では、東京パラリンピックの様子だけでなく、参加した日本人選手たちの視点や、当時の選手たちを取り巻く社会環境なども浮き彫りにされている。また、明るく前向きな海外の選手たちの交流によって、世界との差や違いに圧倒される日本人選手たちの姿も捉えられた。

アプリで読む