Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

『15年後のラブソング』公開日が6月12日に正式決定 松竹系シネコン営業再開後、初の新作に

リアルサウンド

20/5/31(日) 8:00

 全国の緊急事態宣言が解除されたことを受け、映画『15年後のラブソング』の公開日が6月12日に正式決定した。

参考:イーサン・ホークも絶賛 レモンヘッズ元メンバーが『15年後のラブソング』監督に抜擢された理由

 本作は、欧米で人気を誇る小説家ニック・ホーンビィの原作をもとに、人生のリアルに押し流されながらも、どうにか新しい一歩を踏み出そうともがく“大人になりきれない”男女3人を、ローズ・バーン、イーサン・ホーク、クリス・オダウドが演じるヒューマンドラマ。ホークは伝説のミュージシャンを演じ、歌声を披露している。

 30代後半のアニーのもとに、一通のメールが舞い込む。送り主は、90年代に表舞台から姿を消した伝説のロックシンガー、タッカー・クロウ。腐れ縁の恋人ダンカンが心酔するミュージシャンだった。イギリスの港町サンドクリフとアメリカのニュージャージー州の田舎町。海を隔てた遠く離れた二つの街で、思いがけなく出会った博物館勤めのアニーと、伝説のミュージシャン、タッカー・クロウ。そこにアニーの恋人ダンカンも加わって、不思議な三角関係が描かれる。

 また、本作は、松竹系シネコンの営業再開後、初の新作公開となる。(リアルサウンド編集部)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む