Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

佐々木蔵之介が京都舞台のドラマで主演、藤野涼子、市川猿之助、結木滉星ら共演

ナタリー

20/12/1(火) 5:00

左から藤野涼子、佐々木蔵之介、市川猿之助。

佐々木蔵之介が主演を務める連続ドラマ「ミヤコが京都にやって来た!」が、ABCテレビで1月10日に放送スタート。テレビ神奈川でも1月12日からオンエアされる。

映画「嘘八百」シリーズの今井雅子が脚本を手がけた本作の主人公は、京都で暮らす町医者・柿木空吉(かきのきくうきち)。往診が専門の彼は腕利きの医者だが、患者の買い物や盆栽の手入れまで引き受けてしまう男だ。そんな空吉のもとに、ある日、離婚以来12年間連絡を取っていなかった娘のミヤコが突然現れる。空吉が動揺するのをよそ目に、ミヤコはしばらく京都にいると宣言。ぎこちない関係の父と娘は、京都の町並みや人々との触れ合いの中で少しずつ心を通わせていく。

空吉を佐々木が演じ、ミヤコ役を映画「ソロモンの偽証」の藤野涼子が務めた。空吉の幼なじみ・淳平役で市川猿之助、老舗提灯屋の跡取り息子・敦彦役で結木滉星が出演。空吉がかつて思いを寄せていた女性・佐知子を松本若菜、空吉の患者であるおばんざい屋・池田久子を三林京子が演じた。主題歌はDAIGO率いるBREAKERZの「I love my daughter」だ。

京都出身の佐々木は「温かくて、優しい京都の中にミステリーもあります。ドラマの世界を見て、京都へ行ってみたい…そう思ってもらえたら嬉しいです」とコメント。「ソロモンの偽証」でも佐々木の娘役を演じた藤野は「美しい京都を舞台にしたリアルな親子物語…家族で楽しんでご覧下さい」と視聴者にメッセージを送っている。

「ミヤコが京都にやって来た!」はABCテレビで毎週日曜の23時55分、テレビ神奈川では毎週火曜の23時から放送。

ミヤコが京都にやって来た!

ABCテレビ 2021年1月10日(日)スタート 毎週日曜 23:55~24:25
テレビ神奈川 2021年1月12日(火)スタート 毎週火曜 23:00~23:30
※放送時間変更の可能性あり
※全6話

佐々木蔵之介 コメント

京都の町並みだけでテレビドラマを撮るのは初めての試み。
しかも出てくる場所は、地元出身の僕すら知らない古い名所や進化を続ける京都の新名所! 嬉しさ倍増です!
僕の演じる柿木空吉はナゼ独り身なのか…?
娘のミヤコはナゼ京都に来たのか…?
温かくて、優しい京都の中にミステリーもあります。
ドラマの世界を見て、京都へ行ってみたい…そう思ってもらえたら嬉しいです。
今日も空吉は、京都の町を自転車で忙しく、駆け回っているはずです。

藤野涼子 コメント

蔵之介さんとは2度目の父娘役です。
一緒にご飯を食べたり…親子ケンカをしたり…現代っ子のミヤコを等身大で演じました。
人生初の髪染めにも挑戦(しかも青色!?)
秋の京都に魅せられたミヤコのスマホは、絶景写真でいっぱいです!
美しい京都を舞台にしたリアルな親子物語…家族で楽しんでご覧下さい。

結木滉星 コメント

今回の作品は、京都の現代劇ということでしかもオール京都ロケなので、すごくワクワクしています。
京提灯専門店で働いている職人さんの役を演じさせていただくので、現場でコミュニケーションを取りながら、よりリアルな姿を見せられたらいいなと思っています。
京都の魅力を沢山お伝えしていけるように頑張ります。

松本若菜 コメント

台本を開いた瞬間、京都の美しい街並みに佐々木蔵之介さん演じる空吉が近所の人々と、軽く挨拶を交わしながら、自転車で走る光景が目の前に現れたような感覚になりました。
その姿をこの目で実際に見られる喜びと、作品の世界観に入れる喜びで心躍っています。
何気ない生活の中で珍事件(!?)が次々と起こります。
是非ご覧下さい。

三林京子 コメント

蔵之介さんとはNHKの朝ドラ「オードリー」以来、約20年ぶりの再会!
役者として年々、円熟味を増していく蔵之介さんとの撮影は短い時間でしたが、楽しいひとときでした。
本当は親子役をやりたかったのですが、今回は謎のおばあちゃん役。
京都の美しい景色とともに、楽しんでご覧下さい。

市川猿之助 コメント

母親が京都出身で、小さい頃から慣れ親しんだ町や実在するお店を舞台にした、贅沢な作品に参加出来て、光栄です。
さらに京都を知り尽くした撮影所のスタッフ達に囲まれ、仕上がりも大いに楽しみです!
心だけではなく、目で楽しむ物語…ご期待下さい。

DAIGO(BREAKERZ)コメント

BREAKERZとして初めての連続ドラマの主題歌!
光栄です! 父と娘を題材にしたドラマで、僕も今年、娘が産まれ、父となり、これはタイムリー過ぎて、まさに運命だと思いました。
そして、こういう機会をいただき、父から娘に贈る曲を書いてみようという発想に至りました。
今の自分の想いと、台本を読み、佐々木蔵之介さんを想像し、ドラマに感化され書いた曲です。
I love my daughter
今どき珍しいMS(娘 ソング)。是非お楽しみに。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む