Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2019」囲み取材の様子。

開幕間近「ブロードウェイ クリスマス」に本田望結「家族への思い乗せて」

ナタリー

19/12/12(木) 18:41

「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2019」のフォトコールが、本日12月12日に東京・東急シアターオーブで行われた。

「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2019」は、クリスマスソングやゴスペル、サンタクロースとダンサーたちのタップダンスなどが楽しめるクリスマスショー。日本では2016年以降、毎年上演を重ねている。

プレスコールでは、まず、クリスマスツリーを背景にした舞台上で、シンガーのショーンテ・マサールとダンサーたちがエネルギッシュなゴスペルソング「ジョイフル・ジョイフル」を披露。続いて、今年で応援サポーター兼ゲストスケーターは4年目となる本田望結が登場し、映画「アナと雪の女王2」よりチャリティ・ファレルの歌う「イントゥ・ジ・アンノウン」に乗せ、自ら振り付けしたドラマチックなスケーティングで記者たちを魅せた。最後に、ふくよかなサンタが姿を現し、客席の通路を行き来して会場を盛り上げながら、シンガー、ダンサーらと共にクリスマスソングメドレー「クリスマス・メガ・ミックス」をちゃめっ気たっぷりに歌い踊った。

囲み取材で本田は、「まだ(今年の応援サポーター・ゲストスケーターに就任するか)決まってもないのに去年からどうしようって勝手に考えて、すごく楽しみにしていました」と告白。「イントゥ・ジ・アンノウン」では、映画「アナと雪の女王」シリーズの登場人物であるアナとその姉エルサをイメージして、自身が紫のマントと純白の衣装を考案したが、昨年に続いて同映画シリーズからの楽曲を使用するにあたり、「衣装にも変化を付けたかったので、難しかったです。強い女性を描くような曲なので、(スケーティングにも)強さを出したかったですし、マントを脱ぎ捨てて衣装を変えるというのもやりたいと思っていました」と明かした。また、「マントを取ったり、結んだ髪の毛をほどいたりするシーンは、練習でも難しかったんですけど、今日、一番いいものができたと思っているので、どんどん更新していけるようにがんばりたいです」と目を輝かせた。

最近は実妹で子役の本田紗来と「両思いになったと感じる」とはにかむ本田。「年齢を重ねるにつれ、姉妹の絆への感じ方も変わってきて、その中で今、私が感じている家族への思いをこの舞台で出せればいいなと思っています。『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2019』は、本当に楽しいです。観て、笑顔になって帰っていただけますし、最高なショーなので、ぜひ足を運んでいただけたらうれしいです。私も劇場で待っています」と締めくくった。

「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2019」は、12月14日から25日まで同劇場で上演される。

「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2019」

2019年12月14日(土)~25日(水)
東京都 東急シアターオーブ

出演:アルフレッド・ジャクソン、サム・ハーヴィー、ジョナサン・ヘラー、ショーンテ・マサール、チャリティ・ファレル、レイチェル・ピーターソン、ジョデイン・ヒギンズ&ショーン・ライス
ゲスト出演:本田望結(12月14日、12月23~25日の14:00開演回のみ)

アプリで読む