Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

谷口鮪×津野米咲、君島大空×塩塚モエカ、小西遼中心としたTELE-PLAY……リモートで生まれた新たなコラボ曲

リアルサウンド

20/7/9(木) 12:00

 リモートライブやリモート制作アルバムなど、コロナ禍で生まれたミュージシャンによる様々な試み。ここ最近では、コロナ禍で制作された様々なコラボレーション楽曲が多くリリースされている。本稿ではその中から3曲を紹介し、それぞれが持つメッセージを紐解いていきたい。

(関連:KEYTALK、KANA-BOON、ロットン、スカパラ、マンウィズ……今春ベストアルバムでキャリアを総括するバンドたち

 KANA-BOONの谷口鮪(Vo/Gt)と、赤い公園の津野米咲(Gt/)が結成したユニット・wasabiは、6月22日に「sweet seep sleep」を配信開始した。かねてから「いつか共作できれば」と話していたという両者がトラックを送り合う形で完成させたこの楽曲は、バンドの作詞作曲を担っている者同士の共作だけあってそれぞれの感性が混ざり合ったような新鮮さがある。

 津野米咲の手掛けたミドルテンポのループを軸にした、グロッケンの音色がちらちらと点滅するトラックは可愛らしく親しみやすい。そこに谷口鮪の発色豊かなボーカルが乗ることで、穏やかな気分を運ぶチルアウトナンバーが出来あがった。谷口鮪はKANA-BOONではあまり用いないリラックスした発声で楽曲のメロウネスを体現しており、打ち込みのビート上ならではの歌唱を披露。奇抜なアレンジも得意とする津野米咲だが、この曲では歌に寄り添うナチュラルな音像に仕上げており、双方の新たなアプローチを楽しめる1曲でもある。

 大切な“君”に会えない不安を見つめ慈しむ歌詞も、そっとリスナーの生活を掬い上げてくれる。言葉遊びを交えながらも、気取らない言葉で“ゆっくり眠れる”ことを願う。決して壮大なメッセージではないが、今最も必要とされる優しさなのではないだろうか。

 6月24日には羊文学の塩塚モエカ(Vo/Gt)と、君島大空のコラボで「サーカスナイト」が配信リリースされた。原曲は七尾旅人の代表曲であり、多くのミュージシャンにカバーされてきた楽曲である。過去にライブで共演した際にも披露され、この度の外出自粛期間中にデータの交換を重ねて完成させた音源だ。

 君島大空が細やかに、それでいて力強く爪弾くガットギターによる伴奏は楽曲の憂いをより高め、単なるアコースティックver.で済ませないような再構築となっている。塩塚モエカのボーカルは羊文学で聴かせるよりもローの効いた滑らかな歌唱で、物悲しいムードを放つ。神秘的に鳴り続けるギターノイズと終盤に降り注ぐ荘厳なコーラスも相まって、吸い込まれそうな聴き心地だ。

 震えるように囁かれる歌詞は、ひきちぎれそうな胸からそのまま零れ落ちるように耳元に届く。特に〈どんなにそれが絵空事でも 飛ぶしかない夜 君がほしい 口づけてしまいたい〉というラインは、会いたくても会えなかった2020年春の感情として再現されていく。七尾が2012年に発表したコロナ禍とは無縁なはずの歌詞だが、その祈りは今歌われるべき言葉として鳴り響く。距離を飛び越えて美しく溶け合った今回の共作によって、このラブソングに新たな意味が付随されたのだ。生き延びたい”今夜”を何度も繰り返すことが未来に繋がっていくと示してくれているよう。

 7月6日からJ-WAVE夏のキャンペーンソングとしても起用されている「あいにいきたい(feat. BASI, Chara, SIRUP, TENDRE and Ryo Konishi)」はCRCK/LCKSのメンバーとしても活動する作編曲家・小西遼の呼びかけで集まったプロジェクト・TELE-PLAYの第1弾楽曲だ。タイトルに掲載されているシンガー/ラッパー以外にも、SuchmosのHSU(Ba)、屋敷豪太(Dr)、ものんくるの吉田沙良(Cho)など総勢16名に及ぶ幅広い世代のミュージシャンによってリモートで共作された。

 SIRUP、TENDRE、Charaが存分に各々の艶を出しながらリレーするように歌唱し、一気に景色が広がるサビを経て、BASIが軽やかなバースをキックした後、大団円のクライマックスへ。3分21秒の楽曲とは思えないスケールで描かれる約束の歌だ。〈Can you walk with me 予定はなくて良い それだけでいい 今は愛しい〉というフレーズが〈I’ll see you again 君のそばへ あと少し 愛はそこに〉と変化していく流れには、この春から夏へと移ろっていく気持ちがそのまま映し出されている。

 先鋭的なプレイヤーたちによるリッチなグルーヴの中で、誰もが口ずさめるメロディが紡がれているのもこの曲の魅力だ。離れていても音を重ね、声を合わせることはできる。音の中で出会い、笑い合うことは出来る。誰かと誰かで何かをなす歓びに溢れたアンセムなのだ。最後のサビで巻き起こる大合唱は本能を昂らせる活力で満ちており、一緒に歌えば自然と開放的な気分になれるはず。この歌を、ステージと観客の垣根なく大きな声で歌える日を願ってやまない。

 外出自粛を余儀なくされたからこそ生まれた楽曲たち、と言ってしまうとコロナ禍を美談にしすぎているようにも聞こえるが、この3曲は間違いなくこの状況で無ければ生まれなかったコラボレーションだ。繋がること、届けることを渇望した日々の記録として覚えておきたい。そしてこれからも末永く愛していきたいと思える、この時代を刻み付けた音楽たちだ。(月の人)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む