Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

QUEEN + ADAM LAMBERT、待望の来日公演 さいたまスーパーアリーナで開幕

ぴあ

20/1/25(土) 0:00

「QUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR」イメージ

QUEEN + ADAM LAMBERTが本日1月25日から2日間、さいたまスーパーアリーナで「QUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR」を行う。

伝説的バンドであるクイーンが2018年に映画『ボヘミアン・ラプソディ』で再注目されたことは記憶に新しい。1991年にボーカルであるフレディ・マーキュリーが死去してからも、グループは残されたメンバーで活動を続けている。2001年には「ロックの殿堂」、2003年にはオリジナルメンバー全員が「ソングライターの殿堂」に選出。シングルとアルバムの総売り上げは3億枚以上を記録しており、名実ともに伝説と呼ぶにふさわしい。

2011年からはアダム・ランバートをボーカリストとして迎え、QUEEN + ADAM LAMBERTとしての活動もスタート。この名義での初来日はフレディ生誕70年、没後25年である2016年だった。久々の来日となる今回のさいたまスーパーアリーナ、京セラドーム大阪、ナゴヤドームの3カ所4公演は貴重な機会となるだろう。



本ツアーに当たりメンバーもそれぞれコメントを寄せている。

アダム・ランバート
「前回の来日以来、早くまた日本に行きたい!と切望するくらい日本にはたくさんの良い思い出があるんだ。1月には全く新しいステージをみんなに観てもらいに戻るからね!」

ロジャー・テイラー
「日本はクイーンにとって、いつでも特別な国。その日本にまた戻り、最新のツアーが出来るのが待ち遠しいです」

ブライアン・メイ
「日本とクイーンの繋がりは、ある意味で伝説とも言えます。時が経つほどその想いは強くなっている上に、映画 『ボヘミアン・ラプソディ』の日本での成功は、類をみない強い結びつきを私たちに感じさせます。今から約50年前、最初に私たちを認めてくれた国 日本に、2020年1月にまた戻れることはとても感慨深いです。スバラシイデス!」

15日には公演を記念して日本ファンの投票によるベスト盤『グレイテスト・ヒッツ・イン・ジャパン』も発売。来日パフォーマンスへの期待は高まるばかりだ。

■公演情報
「QUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR」

1月25日(土)東京・さいたまスーパーアリーナ
開場16:00/開演18:00

1月26日(日)東京・さいたまスーパーアリーナ
開場15:00/開演17:00

1月28日(火)大阪・京セラドーム大阪
1月30日(木)名古屋・ナゴヤドーム

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む