Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

『鬼滅の刃』動員ランキングV8!『滝沢歌舞伎』ほか新作4本がランクイン!

ぴあ

20/12/7(月) 15:00

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

12月5日、6日の全国映画動員ランキングは、公開8週目に入った『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が首位をキープした。

土日は、動員46万5850人、興行収入は6億5551万9250円を記録。公開から52日間の累計は、動員2152万5216人、興収288億4887万5300円をあげており、現在、歴代興収は2位。歴代1位の『千と千尋の神隠し』(308億円)に徐々に迫りつつある。(※全国413館(IMAXシアター 38館含む)で上映)

続いて、公開3週目の『STAND BY ME ドラえもん2』も先週と変わらず2位につけている。

滝沢秀明が演出を手掛け、Snow Manが主演を務めた舞台をスクリーン上映する『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』が初登場3位に。

全世界で4200万ダウンロード突破のスマートフォン向けRPGゲーム『Fate/Grand Order』初の劇場版アニメ『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram』は初登場4位に。

ドラマ『アンフェア』シリーズで知られる秦建日子が2016年に発表した小説を、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らで実写化した『サイレント・トーキョー』は初登場5位に入った。

『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールによる人気作を、アン・ハサウェイ主演で実写化したロバート・ゼメキス監督の『魔女がいっぱい』は初登場6位に。

また、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作をMX4D、4DXで期間限定上映する第1弾『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が新たに7位に入った。

次週は『Away』『機動戦士ガンダム00 スペシャルエディションI ソレスタルビーイング』『新解釈・三國志』『天外者』『NETFLIX/世界征服の野望』『ミッドナイト・スカイ』などが封切られる。

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)

1位『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
2位『STAND BY ME ドラえもん2』
3位『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』
4位『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram』
5位『サイレント・トーキョー』
6位『魔女がいっぱい』
7位『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
8位『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−』
9位『罪の声』
10位『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』

アプリで読む