Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

田中圭はロボット?堤幸彦が絶賛「どんなに長いセリフも完璧に覚えてくる」

ナタリー

Huluオリジナルドラマ「死神さん」配信記念イベントにて、左から竹中直人、前田敦子、田中圭、堤幸彦。

Huluオリジナルドラマ「死神さん」の配信記念イベントが9月7日に東京都内で行われ、キャストの田中圭、前田敦子、竹中直人、メイン監督の堤幸彦が登壇した。

大倉崇裕の同名小説をドラマ化した本作。“死神”と呼ばれるくせ者刑事・儀藤堅忍が、警察組織にとって掘り返されたくない事件の証拠を徹底的に洗い直し、真相をあぶり出していくさまを描く。

儀藤役の田中は、帽子に長髪、黒ずくめの服に猫背、鼻に大きなホクロというように、外見から役作りを徹底した。「ユニークなキャラクターは見どころです。(毎話)相棒も変わり、1話1話特別感があります」と述べ、それに対して堤も「見たことのない田中圭を見せたかった。完璧。イメージ通りだった」と満足げに語る。

警察官の南川メイを演じた前田は、田中との久々の共演を「すごく楽しかった。(儀藤との)噛み合っていない感じと言いますか、噛み合っていない2人の距離感がいいなと思いました」と述懐。堤は「全話を通して観ていただくと、とても面白い立ち位置にいるんだなと思いますよ。最終兵器だ」と前田の存在感をたたえた。儀藤の5代目相棒・米村役の竹中は、本作の見どころについて「圭ちゃんがチャーミングでかわいい。儀藤のキャラを作ってる圭ちゃんがチャーミングで笑っちゃう」とアピールした。

トークセッションのあとは、ドラマの内容にちなみ「共演者が明かす! 田中の本性を“再捜査”」と銘打たれたコーナーへ。竹中は田中と過去に共演した際のエピソードを披露。あるシーンの撮影で役者としての自分の考えを貫き通した田中を、竹中は「意志が強い!」と絶賛した。会場が感嘆の空気に包まれる中、前田が「いつも晩ごはんのメニューを考えている」とバラすと、田中自身も「確かに!」と納得。また堤の「田中圭はロボットです。どんなに長いセリフも完璧に覚えてくる。本当に撮りやすい!」という発言に、田中ははにかみながら「必死に暗記です」と謙虚に応えた。

田中が「もう続編をやりたい!」とアピールする場面も。「やりたいと言ってやれるものではないですが、演じていてもすごく楽しくて。ぜひ皆さんのお力で、もう一度儀藤を演じることができたらうれしいです」と続編の実現を熱望した。

全6話の「死神さん」は9月17日よりHuluで毎週金曜に1話ずつ配信。

Huluオリジナル「死神さん」

Hulu 2021年9月17日(金)スタート 毎週金曜に1話ずつ配信
※全6話

(c)HJ ホールディングス

アプリで読む