Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

なにわ男子、Aぇ! group、Lil かんさい……関西ジャニーズJr.の“年下彼氏”らしさとは? ドラマ放送開始を機に考察

リアルサウンド

20/4/10(金) 6:00

 関西ジャニーズJr.ファン必見のドラマ、『年下彼氏』(ABCテレビ/テレビ朝日)の放送が4月11日に迫ってきた。同作品にはなにわ男子、Aぇ! group、Lil かんさいなど人気の関西ジャニーズJr.が総出演し、オムニバス形式で20の恋物語を紡いでいく。関西ジャニーズJr.たちが演じるのは、様々なタイプの年下の彼氏。実際は幅広い層に人気の彼らが、「年下彼氏」というテーマにハマるのはどんな部分なのだろうか。改めてグループごとに考えてみたい。

(関連:『年下彼氏』予告編はこちら

●なにわ男子
 昨今、とにかく人気が高いなにわ男子。正統派ジャニーズアイドル路線でありつつ、関西のノリも持っており、適度な親しみやすさがあるのも彼らの魅力だろう。なかでも、最年長の藤原丈一郎はダンス、歌、トーク、ボケ、ツッコミと何でもできるアイドルであるにも関わらず、溢れ出る親しみやすさで「リア恋枠」とされている。例えばファンに対しても友達のようなノリでファンサをしており、そのフレンドリーさには定評がある。そんな藤原は特にトーク力が素晴らしく、多くの人に受け入れられる関西ノリを混ぜた話し方をしており、線引きが秀逸だ。だからだろうか、ふとした瞬間の言葉のチョイスで胸をときめかせるファンが後を絶たない。例えば、「リア恋枠になったきっかけ」と語り継がれているのは、2015年放送の『少年倶楽部 in 大阪』(NHK BSプレミアム)の胸キュンフレーズ。夏休み明け、久しぶりに会った女の子への一言というテーマに対し、藤原は「祭りの時の浴衣、可愛かったで」と人懐っこい笑顔で解答。こうした「何でもデキる学校の人気者が実は幼馴染だった感」こそが、年上彼女の心をくすぐるポイントになるのかもしれない。

●Aぇ! group
 関西ジャニーズJr.内グループのなかで、最も新しく結成されたのがAぇ! groupだ。とはいえ、末澤誠也や草間リチャード敬太のようにジャニーズ歴10年以上のメンバーもおり、安定した活躍を見せてくれている。コテコテのボケを披露したかと思えば、パワフルなパフォーマンスをしたり、バンドパフォーマンスをしたりと、マルチな才能を発揮しているのが彼らの魅力だろう。そんなAぇ! groupには、関西ジャニーズJr.の「リア恋枠人気No.1」がいる。メンバーの正門良規だ。数々の男らしいエピソードを持ち、多くのファンの心を鷲掴みにしてきた正門は「優しい」「包容力」というワードで形容されることが多い。仲が良いなにわ男子・西畑大吾に対しても、男らしい優しさを見せることが少なくない。エピソードも数多くあるが、個人的に一番好きなのは『関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース』(ラジオ関西)で披露された西畑の誕生日サプライズエピソード。仕事で東京に行っていた西畑が大阪に帰ってくるのをサプライズ、かつスーツで迎えに行き、プレゼントを渡すという話だ。こんな風に相手を思って行動する優しさを持つ正門が、リア恋枠になるのも納得のエピソードであった。他のメンバーも、個性豊かで多様な顔を見せてくれるAぇ! group。年下彼氏の醍醐味である可愛らしさ、素直さ、不意に見せる大人っぽい面……、ドラマでもいろんな顔が垣間見えるだろう。

●Lil かんさい
 関西ジャニーズJr.の次世代代表グループである、Lil かんさい。関西では活躍のチャンスも多く、とにかく成長著しい。メンバーも全員高校生で、この年代ならではの元気さや初々しさがある、つい愛でたくなる5人組だ。なかでも、2016年に彗星のごとく現れ、一気に人気者になった嶋﨑斗亜は「1000年に1人の美少年」と呼ばれるほどで、カメラの前でニコニコ柔和な笑顔を見せてきた。にもかかわらず、ダンスを長年習っていたということもありダンスは周りからも一目置かれているほど。まだあどけない可愛らしさの中にも、キレのあるダンスを披露したり、ポツリと呟くツッコミにキレがあったりと、愛され要素が抜群のメンバーだ。実際、先輩(主にAぇ! group・小島健)からも溺愛されている。愛され体質の嶋崎は、年下彼氏の才能も十分なのではないだろうか。伸びしろあるメンバーたちが、年上彼女に愛される様子が楽しみだ。

 今週からスタートするドラマ『年下彼氏』。まずは、なにわ男子・大西流星とAぇ! group・小島健のストーリーからだ。どんな胸キュンが待っているのか、放送が待ち遠しい。(高橋梓)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む