Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「エンド・オブ・ステイツ」

これが最後の戦い…ジェラルド・バトラー主演「エンド・オブ・ステイツ」予告編

19/9/25(水) 11:00

ジェラルド・バトラー主演作「エンド・オブ・ステイツ」の予告編が、YouTubeで解禁された。

本作はバトラー演じるシークレットサービス、マイク・バニングの活躍を描く「エンド・オブ」シリーズの最新作。大統領暗殺未遂の容疑をかけられたバニングが、世界大戦の危機が迫る中で真犯人を探す。バトラーのほかモーガン・フリーマン、ジェイダ・ピンケット=スミス、ニック・ノルティらが出演。「オーバードライヴ」のリック・ローマン・ウォーがメガホンを取った。

予告編は、バニングとフリーマン演じる大統領トランブルがドローン爆弾による猛攻撃を受けるシーンから始まる。意識を失ったバニングが目を覚ますと、彼は世界中から追われる容疑者になっていた。隙を突いて逃げ出した彼は父のもとへ。終盤には、バニングがトランブルに「これが最後の戦いです」と告げるシーンも切り取られた。なおバトラーは本作について「シリーズに帰って来られて、とても興奮したよ。最新作では、バニングの過去について、もっと多くをのぞくことができるんだ。特に素晴らしいのはシリーズ最高のアクションもあることだ。すべての点でレベルアップしているよ」と語った。

「エンド・オブ・ステイツ」は11月15日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

(c)2019 Fallen Productions, Inc.

アプリで読む