Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

2018年上演の「Re:北九州の記憶」より。(c)藤本彦

高齢者の“記憶”を紡ぐ「Re:北九州の記憶」8年目は山口大器らが参加

ナタリー

19/7/30(火) 9:43

北九州芸術劇場+市民共同創作リーディング「Re:北九州の記憶」が、10月13・14日に福岡・北九州芸術劇場 小劇場で上演される。

「Re:北九州の記憶」は、地元の若手劇作家たちが北九州に暮らす高齢者にインタビューを実施し、その内容をもとにした戯曲を紡ぐプロジェクト。8年目を迎える今年は、ブルーエゴナクの穴迫信一、さかな公団の鵜飼秋子、じあまり。の坂井彩、blockの寺田剛史、劇団言魂の山口大器、バカボンド座の渡辺明男の6名が、七十代から八十代の高齢者9名にインタビューを行い戯曲を執筆。構成・演出は南河内万歳一座の内藤裕敬が務める。今年はどのような“記憶”の物語が立ち上げるのか、詳細は続報を待とう。

北九州芸術劇場+市民共同創作リーディング「Re:北九州の記憶」

2019年10月13日(日)・14日(月・祝)
福岡県 北九州芸術劇場 小劇場

作:穴迫信一、鵜飼秋子、坂井彩、寺田剛史、山口大器、渡辺明男
構成・演出:内藤裕敬

アプリで読む