Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

宮部と宮部ら「『お見合い』ーそこに愛はあるのかなー」チラシ

宮部純子が実体験もとにした「お見合い」、相手役は黒田大輔

ナタリー

18/9/20(木) 15:51

宮部と宮部ら「『お見合い』ーそこに愛はあるのかなー」が、10月12日から16日まで東京・新宿眼科画廊 スペースOで上演される。

五反田団 / 青年団の宮部純子が作・演出を手がける本作は、宮部が実際に体験した“お見合い”がもとになって生まれた作品。見合い当日に“人生の敗北”を感じた宮部が、その日のうちに台本を完成させ、2014年に「愛はあると思うけど、私は、」のタイトルで初演された。

お見合いの相手役は黒田大輔が務め、初対面の2人が向かうレストランの店員を五反田団の西田麻耶、通りすがりのカップルを小田原直也と山村麻由美が演じる。また楽曲はその他の短編ズが提供。上演に向け宮部は「こんな人生の筈じゃなかったのになぁ、と思うことも多々あって、でも楽しいこともあるっちゃあるで、東京を浮遊している人たちも、そうでない人たちにも見に来てほしいです」とコメントしている。

宮部と宮部ら「『お見合い』ーそこに愛はあるのかなー」

2018年10月12日(金)~16日(火)
東京都 新宿眼科画廊 スペースO

作・演出:宮部純子
出演:宮部純子、山村麻由美、小田原直也、西田麻耶、黒田大輔

アプリで読む