Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「うつつ~小松政夫の大生前葬~」より。

小松政夫、自身の“大生前葬”開幕に「バシーンっ!とキメて見せます」

ナタリー

19/11/1(金) 14:43

「うつつ~小松政夫の大生前葬~」が、昨日10月31日に東京の中目黒キンケロ・シアターで開幕。これに先駆け、囲み取材が実施された。

本作は、小松政夫が芸能人生の集大成として上演する作品。出演者には小松のほか、奈良富士子、しゅはまはるみ、岡元あつこ、棚橋幸代、帯金ゆかり、豊永伸一郎、倉石ようこが名を連ねた。

主人公は、ある出来事をきっかけに、過去の記憶を失った往年のコメディアン・小松政夫(小松)。コメディアンとしての再起を図り、妻の小松富士子(奈良)が小松を“記憶回復センター”に入所させると、失われた記憶の鍵を握るのが、小松が前妻との間にもうけた一人娘・小松幸代(棚橋)であることが判明する。しかし幸代は小松と会うのを嫌がったため、富士子は夫のマネージャー鮫島伸一郎(豊永)と画策し、幸代の替え玉女優として若林ゆかり(帯金)を小松のもとに向かわせるが……。

囲み取材で小松は「皆の心がぴったり合って、いい仕事ができたんではないかなと思います。ぜひ観ていただきたい」と自信を見せ、来場を呼びかける。奈良は、小松が稽古場で自身の芸を披露してくれたというエピソードを交えつつ「小松さんの温かい人柄でチームワームもバッチリですし、全員が初日を楽しみに迎えたことと思います」と思いを述べた。

「小松さんを中心に、毎日笑いが絶えなかった」と、稽古場を振り返る岡元は「我々女優陣も、小松さんをますます好きになってしまいまして。これは本当に若い頃からおモテになっただろうなと」と発言。それに小松が「いやいや」と照れた様子を見せると、岡元は「とにかく、私たちが小松さんを大好きという思いが伝わる舞台になっています」と続ける。

しゅはまは「小松さんと、愛川欽也さんがお作りになったこの素晴らしい劇場に一緒に立てることが本当に光栄です」と語り、豊永は「皆さん力があるから、ついていくのに精一杯で、肩身の狭い思いをしていたんですけど(笑)、楽しい稽古場、楽しいゲネが終わって、これから楽しい本番。ぜひ楽しみにしてください」とコメント。テレビでずっと小松を観ていたという倉石は「こうしてご一緒させていただいて、しかも生でアドバイスをいただけて、本当に贅沢な時間でした。とにかく、生の小松さんの素晴らしさを1人でも多くの方に伝えることができれば」と意気込みを述べた。

最後に小松は「私は『セリフが本当に入っているの?』って噂されるほど怠け者でございましたが、なんとか間に合いまして、皆さんほっとしているところでございます。本番になりますと、バシーーンっ!とキメて見せますので、どうぞよろしくお願いします」と言葉に力を込め、会見を締めくくった。公演は11月4日まで。

「うつつ~小松政夫の大生前葬~」

2019年10月31日(木)~11月4日(月・振休)
東京都 中目黒キンケロ・シアター

作:白崎博史
演出:遲塚勝一
出演:小松政夫 / 奈良富士子、しゅはまはるみ、岡元あつこ、棚橋幸代、帯金ゆかり / 豊永伸一郎、倉石ようこ

アプリで読む