Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

チュティモン・ジョンジャルーンスックジン

「バッド・ジーニアス」主演女優と監督の来日決定、新宿武蔵野館ほかで舞台挨拶

ナタリー

18/10/29(月) 15:30

タイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」で主演を務めたチュティモン・ジョンジャルーンスックジンと監督のナタウット・プーンピリヤが来日し、11月3日、4日に舞台挨拶を行うことがわかった。

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」は、2017年のタイ国内映画の年間興行収入第1位を記録した作品。天才少女・リンを中心とする高校生たちが、世界を股にかけたカンニングプロジェクトに挑むさまが描かれる。東京・新宿武蔵野館では9月22日に封切られ、2016年11月にリニューアルオープンして以降、公開から3週間の興行収入で歴代ナンバーワンを記録した。

2人は新宿武蔵野館のほか、東京・シネクイント、T・ジョイPRINCE品川、神奈川・チネチッタにて舞台挨拶を行う予定。時間などの詳細は明らかになっていないので、後日各劇場の公式サイトで確認してほしい。

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」は新宿武蔵野館ほかにて上映中。

(c)GDH 559 CO., LTD. All rights reserved.

アプリで読む