Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ミリオンジョー」会見の様子。

「ミリオンジョー」北山宏光がなりすましたいのは今泉佑唯、「人生楽しそう」

19/10/1(火) 12:57

ドラマパラビ「ミリオンジョー」の会見が本日10月1日に東京・テレビ東京 六本木本社で開催され、北山宏光(Kis-My-Ft2)、萩原聖人、今泉佑唯、深水元基、永野、監督の榊英雄が登壇した。

十口了至原作、市丸いろは作画による同名マンガを実写化した本作。国民的大ヒットマンガ「ミリオンジョー」を手がけるマンガ家・真加田恒夫が急死したことから物語が展開していく。北山が同作の担当編集・呉井聡市に扮した。

ドラマ同様に数々のピンチに見舞われながらも、1カ月半の撮影を乗り越えたという「ミリオンジョー」チーム。最初にマイクを握った北山は暑さとの闘いに苦労したと明かして「立っているだけで手から汗が垂れてくるんです」と撮影時を振り返る。萩原や今泉もその言葉にうなずきながら「暑さしか印象に残っていない」「毎日すごく暑かった」と続けた。

永野は「現場はクソ暑かった。お笑いの異色なやつが入ってきたのに皆さんは優しく受け入れてくれました。今泉さんとは曲までできて」と共演者たちに感謝を伝え、今泉とともにたくさんのフラッシュを浴びながら「あなたはトマト、私はポテト」「明日もがんばろうー! オー!」という歌詞のオリジナル曲を笑顔で歌い踊る。その様子をそばで見守っていた北山は「これがいきなり生まれるんです。10曲くらいあるんですよね」とつぶやいた。

呉井を演じるにあたって「追い込まれる役だったので、見た目の説得力がないとなあと」と3kgほど減量したという北山。彼は「夜ごはんをコンビニの某チキンに。そんな夜を過ごしていました」と語り、“湯煎をすると一番うまい”とお薦めの調理法を伝える。そんな北山を榊は「髪型や利き手など、僕らに寄り添って役を作っていただきました。彼がいなかったらこのドラマは成立しなかった」と称賛した。

会見では、作品にちなんで「誰かになりすますとしたら、誰になって何をしたい?」と質問が。永野は本作で自身が「ジョーカー」のホアキン・フェニックスばりの熱演をしているとアピールして「ホアキンになりすまして『ジョーカー』を撮り直す。駄作に変えます」と力強く答える。北山は「俺、今泉さんになりたいかも! 嫌なことがなさそう。そんな人生楽しそうですね」と天真爛漫な今泉をうらやむ。一方の今泉は永野になりたいと言い、彼女から「恥ずかしいことありますか?」と問われた永野は勢いよく立ち上がって「バカ野郎!」とジョーク交じりで抗議をしたあと「うれしいな」と顔をほころばせた。

「ミリオンジョー」は、10月9日よりテレビ東京とテレビ愛知でオンエアされ、BSテレ東でも2020年1月クールに放送予定。動画配信サービス・Paraviでは、10月9日23時から全話先行独占配信が行われる。

ドラマパラビ「ミリオンジョー」

テレビ東京 2019年10月9日(水)スタート 毎週水曜 25:35~
Paravi 2019年10月9日(水)23:00 全話先行独占配信
BSテレ東 2020年1月スタート

(c)「ミリオンジョー」製作委員会

アプリで読む