Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

SHINee、カムバック作は「ターニングポイントになる」“完全体”の4人にMCユンホも笑顔の会見

ナタリー

21/2/22(月) 16:39

SHINeeのグローバル会見の様子。右はMCを務めたユンホ(東方神起)。

SHINeeが本日2月22日にオンライングローバル公開インタビューを実施した。

オンユ、キー、ミンホの兵役後、約2年半ぶりのカムバック作として、韓国での7thアルバム「Don't Call Me」を本日18:00に世界同時配信するSHINee。配信形式で行われたインタビュー会見はリリースを記念して行われたもので、各国の記者が注目する中配信会場に登場したメンバーは、新作についてやカムバックへの思いを語った。

会見のMCを務めたのは、SHINeeの事務所の先輩でもある東方神起のユンホ。「SHINeeを応援する1人として、今回のMCを務めさせていただきます」と自己紹介したユンホは「輝くSHINeeの皆さんです!」と、メンバーをステージに招き入れる。SHINeeの4人はまず自己紹介し、3人の除隊を待っていたテミンは「末っ子のテミンです。ひさしぶりにSHINeeとして挨拶しますね」と笑顔を見せる。キーは「軍隊の中でも、どうやったらよい(グループ)活動をできるのかを考えていました。僕たちらしく、誠実に活動するつもりです」と続いた。

和やかなムードで会見に臨む4人の姿に、ユンホも「完全体のSHINeeを見て、僕も気分がいいです」と感想をひと言。ここからはユンホの質問にSHINeeが答える形で進行していき、まずアルバムの「Don't Call Me」というタイトルについて、オンユは「SHINeeを型にハマった視線で定義するな、という意味が込められています。9曲が収録されていますが、SHINeeのたくさんの顔を見せられるように作りました」と解説した。そして彼らは収録曲の中から4曲を試聴。「Heart Attack」についてテミンは「オンユが大好きな曲。苦しみすら愛に変えるというメッセージをファンキーに表現した曲で、歌い方にもこだわっています」と語り、「CODE」についてはキーが「フューチャーサウンドのダンストラックで、個人的に大好き。ステージがあればぜひ披露したいです」とコメントする。メンバーは試聴中、歌を口ずさんだりダンスを踊ったりと楽しげな様子で、「Body Rhythm」についてはミンホが「レゲエジャンルの曲で、体が自然と動き出します。パフォーマンスを作るのはすごく面白いし、ノリノリになると思う」と語った。

そして、話題は今作のタイトルトラック「Don't Call Me」へ。キーはこの曲について「ヒップホップベースで強烈な歌詞が印象的。これまで、SHINeeはヒステリックな歌詞をあまり歌ってこなかったですよね。そのあたりについても『新しいことを』と思っていましたし、これくらいしなければ、僕らの音楽的な変化が際立たないと思っていました」と、SHINeeにとっての新たな挑戦があったことを明かした。ユンホはパフォーマンスについても尋ね、これにテミンは「とても強烈で、“ダーク化”したSHINeeに会えると思います。過去最大クラスに振りが多くて最初は大変だと思いましたが、グループの色が出せるようにアップデートしていきました。個人の練習もたくさんしましたね」と回答。するとユンホは「僕も途中(練習風景を)見たのですが、すごく集中していました。可能なのかな?と思っていたのですが、さすがSHINeeでしたね」と仕上がりを称賛していた。

会見の後半には、記者から寄せられた質問にメンバーが答えるQ&Aのコーナーが設けられた。「カムバックの感想は?」という質問が兵役を終えた3人に向けられると、オンユは「2年6カ月ぶりに作品を準備していた時間が本当に幸せでした。SHINeeとしての素敵なシナジーを出せたと思います」と回答。ミンホは「テミンくん以外の3人には、空白の期間がありました。ひさしぶりのフルアルバムなので“戦闘的”に、情熱的に準備したと思います。特にミュージックビデオは撮りながら『もっといいものを』と考えていましたし、何度も打ち合わせを重ねたんです。ひさしぶりに集まっての活動なので、とても楽しかったですね。ただ1つ残念なのが、ファンの皆さんとご一緒できなかったこと」と思いを語り、キーは「ある意味、今回の作品については、考えられる時間が2年間もあったので(制作期間は)それを実現しようと思っていました。たくさん考えてきたことを、詰め込むことができたと思います」と続いた。

新作の音楽性について、以前の作品との相違点を尋ねられた際には、テミンが「僕たちの活動には、いくつか(音楽的な)ターニングポイントがありました。R&Bを打ち出したり、パフォーマンスを強く見せたり」と切り出し「今作もターニングポイントになっていると思う。ヒップホップの強烈な要素を取り入れていて、印象的です」と解説。SHINeeが常に最新の音楽トレンドを自身の作品に取り入れてきたことを指摘されると、キーは「今回もトレンディで洗練された音楽を作ろうとはしたけれど、それよりも僕らにとっては、ひさしぶりに作った作品としての力や重みがあるのかが重要でした」と4人の考えを伝えた。

ミンホは今作のビジュアルコンセプトについて「やったことのないことをすべてやりきったような感じがします。(自身の)赤い髪の色もすごく新鮮でした。ここまでやって大丈夫かな?と思ったけど、仕上がりには満足しています」と笑顔。そしてキーは「SHINeeらしい音楽とは?」という質問に「音楽で定義することはできないと思います。僕らがやることで、その音楽が“SHINee化”されることが、SHINeeらしい音楽なんだと思います」と答えた。ひさびさのグループ活動について、ミンホは「僕は(3人の中で)最後に除隊して慣れるのに時間がかかりましたが、メンバーが助けてくれました」とコメント。するとオンユも「特にダンスに自分の体が適応しなくて、首から下が別人のようでした(笑)。でも、テミンやキーが僕の隣で1つひとつ助けてくれました」と笑顔を見せる。最後にファンへのメッセージを求められると、オンユは「SHINeeはたくさんのことを考えて準備してきましたので、今後はファンの皆さんの望む方向に走っていきたいと思います。たくさんの応援をよろしくお願いします」とメンバーを代表してコメント。そして、彼の合図で4人は「輝くSHINeeでした、ありがとうございました!」と声を合わせ、会見を締めくくった。

なおSHINeeは、このあと17:00よりNAVER V LIVEにて配信イベント「SHINee's Calling: Answered」を実施する。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む