Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~」

盲人装うピアニストが探り入れられ大ピンチ、インド映画「盲目のメロディ」新映像

19/10/24(木) 12:00

インド映画「盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~」より、本編映像がYouTubeで公開された。

シュリラーム・ラガヴァンが監督を務めた本作は、盲目を装うピアニストのアーカーシュが主人公のブラックコメディ。演奏依頼を受けて尋ねた豪邸で、アーカーシュは大スター・プラモードの妻シミーと、その不倫相手によるプラモード殺害現場を目撃してしまう。現場では死体も犯人も見えないふりで切り抜けたアーカーシュだったが、その後人々の裏切りとだまし合いに巻き込まれていく。アーユシュマーン・クラーナーがアーカーシュ、タブーがシミーを演じたほか、ラーディカー・アープテーもキャストに名を連ねた。

このたび公開された映像には、殺人現場を目撃されたシミーがアーカーシュを訪ねてくる場面を収録。彼が本当に盲目なのか疑う彼女は、あの手この手を使ってアーカーシュに探りを入れる。映画「スクリーム」に登場するマスクをつけて、アーカーシュの反応を観察するコミカルなシーンも収められた。

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」などで知られるタブーは、今作への出演理由を「監督と脚本が出演のキーポイントだった」と述べ、「ストーリーのひねりやダークな描写がたくさんありながら、登場人物の白黒付けがたい複雑な感情を扱っている点に惹かれた。素晴らしいアーティストも、どこか素晴らしくないものを持っている。そして何より監督の人柄から発されるユーモアに溢れているの」とコメントしている。

「盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~」は、11月15日より東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

(c)Eros international all rights reserved

アプリで読む