Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

野村萬斎、市川猿之助らが贈る『J-CULTURE FEST』、正月テーマパークも

CINRA.NET

18/12/17(月) 17:57

日本文化の体験イベント『J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣』が1月2日から東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催される。

2017年に初開催された『J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣』は、音楽や狂言、歌舞伎、正月といった日本の文化を様々なプログラムを通じて体感するイベント。3回目を迎える今回は、イベント限定のオリジナル公演をはじめ、伝統的な正月を体験・発見するプログラム『正月テーマパーク』、展示コーナーなどがラインナップしている。

オリジナル公演は、『詩楽劇 すめらみことの物語~宙舞飾夢幻~』『萬斎プロデュース「新春狂言」』の2作を上演する。市川猿之助らが出演し、尾上菊之丞が演出を手掛ける『詩楽劇 すめらみことの物語~宙舞飾夢幻~』は、天皇のエピソードを歌舞伎、日本舞踊、和楽器演奏などの様式を用いて舞台化した作品。『新春狂言』は野村萬斎が「狂言の未来」をテーマに手掛けた公演で、野村萬斎が謡初や公演の見どころを解説するほか、『二人袴』『棒縛』が披露される。

『正月テーマパーク』では日本文化体験やステージパフォーマンスを展開。振り袖や袴の着付け、寄木細工、江戸木版画、書道、香、和菓子づくりといった日本文化を体験できるワークショップに加え、展示や販売を行なう。鈴木福がナビゲーターを務めるステージパフォーマンスには、民謡歌手の朝倉さや、現代箏曲の今野玲央が出演するほか、けん玉のパフォーマンスが披露される。また、帝国ホテルのオリジナル雑煮の販売や、逸ノ城らが参加予定の『ちびっこ相撲』も実施。

展示企画『即位・儀式の美/平安王朝文化絵』は、天皇即位に関する様々な資料や正月の宮廷行事などで着用される「正装」の変遷の紹介に加え、『源氏物語』に登場するシーンや、紫の上と光源氏が住む「春の町」を再現した模型などを展示する。

さらに1月6日まで実施する『新春お城びより 特別展』では、江戸城を再現したパネルをバックに写真が撮れるフォトスポットや、戦国グッズ専門店「戦国魂」のオリジナルグッズ販売、歴史作家の長谷川ヨシテルによるトークショーを開催。また1月4日から1月6日まで行なう特別講演会には、黒田涼、太田資暁、佐藤遡芳、久保順、内藤美和、堀口茉純が登壇する。詳細はイベントのオフィシャルサイトで確認しよう。

アプリで読む