Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「香取慎吾 NAKAMA des ARTS」展のレセプションパーティより。

「ジャポニスム2018」香取慎吾の個展開幕に野村萬斎・稲垣吾郎・草なぎ剛が集結

ナタリー

18/9/19(水) 14:43

「ジャポニスム2018:響きあう魂」広報大使を務める香取慎吾のパリ初個展「香取慎吾 NAKAMA des ARTS」展のレセプションパーティが昨日9月18日にフランス・パリの日本文化会館で開催された。

レセプションには、本日9月19日から25日までパリ市立劇場 エスパス・カルダンで上演される「ディヴァイン・ダンス 三番叟」に出演する野村萬斎に加え、ティエリー・ダナ前駐日フランス大使、木寺昌人駐フランス大使らが出席。また急遽、日本から稲垣吾郎と草なぎ剛が駆けつけた。

レセプションの冒頭では「ジャポニスム2018」の事務総長である、安藤裕康国際交流基金理事長が「香取さんは、歌手、俳優として大活躍している著名人。美術の分野でも芸の幅を広げていて今回の個展につながりました。今日はフランスの方々に紹介したい」と挨拶。続く、木寺駐フランス大使は「今『ジャポニスム』は最高潮を迎えています。すべての分野で発揮される才能に感服しました。香取さんは上手に『ジャポニスム』の広報をしてくれると思います」と祝辞を述べた。

そして今回が海外初個展となる香取は「本日はこんなにたくさんの人々にお越しいただきうれしいです。『ジャポニスム2018』広報大使を務められて幸せです。ルーブルで人生初の個展を開催できることを皆さんに感謝しています。今、 幸せがあふれています」と喜びを口にした。

スピーチのあとは、香取、木寺駐フランス大使、ティエリー・ダナ前駐日フランス大使、安藤理事長のに加え、萬斎が鏡開きに参加。またレセプションでは香取のこれまでの活動が映像で紹介されたほか、日本酒や和食が振る舞われた。

応援に駆けつけた稲垣は、香取について「『ジャポニスム2018』の広報大使やルーブル美術館での個展は誇りですし、こちらも緊張しています。ルーブル美術館という場所で彼の絵を見られて感激しました」と語り、草なぎは「『ジャポニスム2018』の広報大使就任にあやかって僕も鼻が高くなった気分です。(香取の)作品は今まで見てきましたが、ここへ来るために1つひとつの制作があったのではないか」と感慨を語った。

「香取慎吾 NAKAMA des ARTS」展は、本日9月19日から10月3日までフランス・カルーゼル デュ ルーブル シャルル5世ホールにて。

「香取慎吾 NAKAMA des ARTS」展

2018年9月19日(水)~10月3日(水)
フランス カルーゼル デュ ルーブル シャルル5世ホール

「野村万作・萬斎・裕基×杉本博司『ディヴァイン・ダンス 三番叟』」

2018年9月19日(水)~ 25日(火)
フランス パリ市立劇場 エスパス・カルダン

構成・美術:杉本博司
出演:野村万作、野村萬斎、野村裕基

「ジャポニスム2018:響きあう魂」

2018年7月~19年2月
フランス パリ ほか

アプリで読む