Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

BTS、IZ*ONE、TWICEらが『MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN』レッドカーペットに登場

リアルサウンド

18/12/13(木) 8:00

 アジア最大級の音楽授賞式『Mnet Asian Music Awards(MAMA)』。日本では『2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN』が12月12日にさいたまスーパーアリーナにて開催され、本授賞式の前にはレッドカーペットに出演者が登場した。

(関連:宮脇咲良ら参加のIZ*ONE、『FNS歌謡祭』にて日本の音楽番組初歌唱 グループ独自の強みを解説

 まず現れたのはStray Kids。メンバー9人揃って挨拶すると、「練習生の時から『MAMA』に出るのが夢だった。先輩と同じステージに立てて嬉しい」と喜びを語り、本編のバトルステージへの期待を寄せた。続けて「デビューして1年、休みなく走ってきましたが、結果を残すことができて幸せです。これからも頑張ります」と述べ、「日本のファンの皆さん、たくさん期待して下さい。愛してる」と日本語でメッセージを送った。

 続いて揃いのパンツスーツ姿で、『PRODUCE 48』から誕生したIZ*ONEが登場。宮脇咲良は「初めて日本のファンの皆さんの前でステージを披露するので、楽しみにしていてください」と笑顔を見せた。

 白とベージュで揃えた衣装で登壇したMAMAMOOは、お決まりの挨拶で美声を響かせた。『MAMA』については「デビュー以来初めての参加になります。とても光栄に思います」とコメント。

 シックな装いで登場したNU’EST WはRENが「こんにちは。久しぶりに来ました。本当にありがとうございます」と日本語で挨拶し、会場を沸かせた。

 新鮮味のあるスーツ姿で登場したGOT7のジニョン、JB、ユギョムは「とてもドキドキしています」と語り、ジニョンは「来年1月30日にニューアルバムを発売します。今月の18日と19日に武道館公演もあります。たくさん愛して、応援してください」と日本語でメッセージを送った。

 カラフルなスーツを着た超特急は、リョーガが「アンニョンハセヨ」と韓国語で挨拶し、「まさかこんな素晴らしい賞を受賞できるとは思っていなかった」「僕たちのファンである8号車のおかげなので、恩返しをしないと」と語り、カイは「毎日聞いていて、歌もダンスもコピーしています」とK-POP愛を明かした。さらにユーキがBTSや、TWICEの名前を挙げ、パフォーマンスをリスペクトしていると述べ、会場を沸かせた。

 ブラックで統一した衣装で魅せたのはMONSTA X。見どころを聞かれると、ウォノは「私だけを見てください」と言い、笑いを誘った。最後には「来年はもっともっと皆さんに会いに行きたいと思います」とコメントした。

 今年で活動を終えるWanna Oneは、「皆さんこんばんは。去年に続いて今年も『MAMA』に出られて光栄ですし嬉しいです」と流暢な日本語で挨拶し、観客を喜ばせた。

 昨年に続き2度目の参加となるTWICE。サナが「今年も楽しんでいってくださると嬉しいです」と日本語で挨拶。また、キュートな「Yes or Yes」の振り付けを教える場面もあった。続いてダヒョンは4枚目のアルバムリリースが決まったことにも触れ、「たくさんお仕事ができた1年でした」とコメント。ジヒョは「日本のドームツアーも決定しました。一生懸命準備します」と述べた。

 今年、世界的な人気を博したBTSも登壇。RMが「たくさん準備してきました」と気合を述べ、J-HOPEは「“情熱”を期待してください。エネルギッシュなステージを準備しています」と語った。

 他にもホストを務めるパク・ボゴムや、松重豊などが登場した。なお、リアルサウンドでは後日、本授賞式のレポートも掲載予定だ。(村上夏菜)

アプリで読む